日本列島七曲り (1974年)

  • 19人登録
  • 3.30評価
    • (1)
    • (2)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 筒井康隆
  • 徳間書店 (1974年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)

日本列島七曲り (1974年)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 高校生の時に友人から勧められて読んだ短編集ですが、ウブな童貞男子高校生には刺激がかなり強かったですね。

    特に印象的だったのは「奇ッ怪陋劣潜望鏡」です♪
    童貞と処女で結婚したカップルが、セックスへの興味が高じて、
    見られたいという欲望が強くなり、水があるところから潜望鏡が出てきて、夫婦生活を覗いてくれるというストーリーでした。

    「覗く」とか「見られて興奮する」とか、僕には全く未知の世界だったのでナンジャこりゃと思ったのですが、大人になるとよく理解できるようになるものなのですね^^)v

    「郵性省」もよかった♪
    ではオナニーの時に絶頂になって「いくう〜」という感じを味わう時に、本当に瞬間移動で行けるというSF仕立のストーリーでした。
    好きな同級生の女の子のことを考えながら、オナしてたら、その子の目の前に移動して、跳び出した精液がその子が飲もうとしていた飲み物に入ってしまい、それを飲んでしまうというシーンが凄かったです。飛ばすのは僕だけじゃないんだと思い、ホッとしました^^);

全2件中 1 - 2件を表示

筒井康隆の作品

ツイートする