空海の風景〈下巻〉 (1975年)

  • 11人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 中央公論社 (1975年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)

空海の風景〈下巻〉 (1975年)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 司馬さんの密教との出逢いは、幼少の頃の大峰さん登山だったとのこと。
    そして、戦後の京都で、仕事として京都の寺々を回り、真言宗のお坊さんとの出会いがあり、空海という人に興味が沸いたとのこと。
    空海自身が書いた文章、また、弟子たちが書き残した文章などをたよりに、空海の実像に迫った司馬さんの力作。
    空海が生きた時代も感じがら、司馬さんの推理。
    最澄さんとの書簡のやりとりであるが、密教の本質を、文章だけで悟ろうとした最澄、「それはないやろ」と空海。
    いずれにしても、空海という人が取った決断・行動の推理、面白く、愉快に読めました(笑)。

全1件中 1 - 1件を表示

司馬遼太郎の作品

空海の風景〈下巻〉 (1975年)はこんな本です

ツイートする