ヨーロッパ退屈日記 (1974年)

  • 12人登録
  • 5.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 伊丹十三
  • 文藝春秋 (1974年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)

ヨーロッパ退屈日記 (1974年)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本を読んでニヤッと笑ったら、あなたは本格派で、しかもちょっと変なヒトです―山口瞳

  • この語り口。歯切れの良さ。文章が輝いて見えます。

    伊丹十三の文章の綴りかたは、「随筆」を「エッセイ」に変えたと言われています。40年前に出版された本。名作は色褪せません。

    物への関わりかた。執着のしかた。独特の価値観。独特の観察眼。

    自分だけのこだわりを持つということ。
    自分だけのスタイルを確立すること。

    ビバ☆

全2件中 1 - 2件を表示

伊丹十三の作品

ヨーロッパ退屈日記 (1974年)はこんな本です

ツイートする