迷宮に死者は住む―クレタの秘密と西欧の目覚め (1975年)

  • 16人登録
  • 4.50評価
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 関 楠生 
  • 新潮社 (1975年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (369ページ)

迷宮に死者は住む―クレタの秘密と西欧の目覚め (1975年)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 出口治明著『ビジネスに効く最強の「読書」』で紹介
    クレタのクノッソス宮殿は王の宮殿ではなく、死者のための葬祭殿だった――。

  • 帯から:伝説の王ミノスの居城として、また迷宮として世界的に有名な、クレタ島ヘラクリオン市郊外のクノッソス宮殿遺跡の、各部分について従来の解釈に異説を唱え、世界的な大反響を読んだ注目の書!

全2件中 1 - 2件を表示

迷宮に死者は住む―クレタの秘密と西欧の目覚め (1975年)はこんな本です

迷宮に死者は住む―クレタの秘密と西欧の目覚め (1975年)を本棚に登録しているひと

迷宮に死者は住む―クレタの秘密と西欧の目覚め (1975年)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

迷宮に死者は住む―クレタの秘密と西欧の目覚め (1975年)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

迷宮に死者は住む―クレタの秘密と西欧の目覚め (1975年)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする