ソークラテースの弁明・クリトーン・パイドーン (1968年) (新潮文庫)

  • 13人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : プラトーン
制作 : 田中 美知太郎  池田 美恵 
  • 新潮社 (1968年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)

ソークラテースの弁明・クリトーン・パイドーン (1968年) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ソークラテースの、「無知の知」の作品として有名。
    大きく分けて「ソークラテースの弁明」「クリトーン」「パイドーン」の三つに別れている。

    ソークラテースの弁明
    「私は無知だが、無知であることを自覚していることにおいて、自分は知恵があり最高だと思っている人より、知恵がある。知恵がある彼らの知恵と、私が無知であることを、二つ持っていた方がよい。」

    また彼は死ぬことについても言及し、死を恐れることはとんでもない間違いであるとし、なぜならば「死ぬことがあるとは、誰も知らない。恐るということは、害悪であるかの様に思うことであり、誰が死ぬ事を悪であると知っていようか。」とする。

    クリトーン
    また「ある国が不都合である」から逃げることは、「その国の国法の破壊者である」とされ、「その国の判断が正しいことを認める」ことになる。それはもの笑の種であるとする。なぜならば、「その国がそれまで良かったのだから、住んでいたのではないか。」ということだからだ。「長い間をかけて考える時間があり、是認してきた。それなのに急に逃げるのは話が通らない。」とする。民主制のだから、成り立つ話なのであろうが。

    パイドーン
    ここは、ソークラテースが死を迎えるまでの弟子との対話である。具体的な話はなかなか憶えていないが、ソークラテースは徹底した「対話」をしている。哲学の思索は、かようにして得られるのであろうが・・・。

  • 080510(m 081228)

全4件中 1 - 4件を表示

プラトーンの作品

ソークラテースの弁明・クリトーン・パイドーン (1968年) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ソークラテースの弁明・クリトーン・パイドーン (1968年) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ソークラテースの弁明・クリトーン・パイドーン (1968年) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ソークラテースの弁明・クリトーン・パイドーン (1968年) (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする