唯物史観と現代 (1967年) (岩波新書)

  • 11人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 梅本克己
  • 岩波書店 (1967年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)

唯物史観と現代 (1967年) (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ニヒリズムの到来という節で始まる。
    ニーチェについて書いていて、唯物史観では人間が隠れてしまうようにも理解できることがわかる。

    著者は1954年に立命館大学の病気退官しているとの事。
    著者の状況と本書の後ろ向きなところが重なるようだ。

    現代とはいっても55年前の現代だろう。
    まだ高度経済成長にかげりがでるまえの論調だ。

    批判していれば、それも役に立つという時代だったのかもしれない。

全1件中 1 - 1件を表示

梅本克己の作品

唯物史観と現代 (1967年) (岩波新書)はこんな本です

唯物史観と現代 (1967年) (岩波新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

唯物史観と現代 (1967年) (岩波新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

唯物史観と現代 (1967年) (岩波新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする