さらばモスクワ愚連隊 (1967年)

  • 15人登録
  • 4.13評価
    • (4)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 五木寛之
  • 講談社 (1967年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)

さらばモスクワ愚連隊 (1967年)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 五木寛之は1965年、かねてから憧れの地であったソ連・北欧を旅します。そしてその地が舞台となったデビュー作「さらばモスクワ愚連隊」や「GIブルース」、「白いオルフェ」をはじめとした収録作品。

    主人公は、いずれも夢破れ一線を退いた、もしくはあまりにも早く何かを悟ってしまった男たちです。行間から音楽が聞こえてきそうな文章力がさすが!どの作品も結末の悲劇が物悲しいです。

  • なんだろう?
    この心の奥に残る感じ…。。。

  • 金沢などを舞台とした作品です。

全4件中 1 - 4件を表示

五木寛之の作品

さらばモスクワ愚連隊 (1967年)はこんな本です

ツイートする