華氏451度 (1964年) (ハヤカワ・SF・シリーズ)

  • 29人登録
  • 3.41評価
    • (4)
    • (1)
    • (17)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 宇野 利泰 
  • 早川書房 (1964年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)

華氏451度 (1964年) (ハヤカワ・SF・シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現代社会への痛烈な批判の籠もったSF作品。本を焼くことを職業とする主人公が、異端の少女に出会うことにより変わっていく……。主人公の妻とその友人は誇張された現代の人々なのだな、と感じた。上司の狂気的なまでの様子が忘れられない。

  • クラリスとのやり取りがおもしろい。
    好きな書物を暗誦することによって保管し、
    必要になったら本にするという発想が新鮮。

  • 禁書を焼くことが任務かつ楽しみの禁書官は少女との出会いをきっかけに少しずつ変わっていく。

全3件中 1 - 3件を表示

レイ・ブラッドベリの作品

華氏451度 (1964年) (ハヤカワ・SF・シリーズ)のKindle版

華氏451度 (1964年) (ハヤカワ・SF・シリーズ)の文庫

華氏451度 (1964年) (ハヤカワ・SF・シリーズ)の文庫

ツイートする