トリフィド時代―食人植物の恐怖 (1963年) (創元推理文庫)

  • 10人登録
  • 4.67評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 井上 勇 
  • 東京創元新社 (1963年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)

トリフィド時代―食人植物の恐怖 (1963年) (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 破滅SF。世紀の天体ショーとして水星群の光を見た世界中の人々が盲目になる。そして燃料用として育てていた肉食植物が暴走する。新しい秩序を造ろうとする人々や古い秩序を守ろうとする人々、それぞれのやり方が色々試そうとされて行くが、トリフィッド(肉食植物)の脅威が迫ってくる。自然の強さをトリフィッドに重ね、人間の愚かさを色々な団体で表現したのかも知れない。

    とにかく面白かった。星五つ。

  • 破滅SFの古典的名作、、、らしい。
    こういう終末観好きだわー。
    トリフィドとの戦いはほぼ脇役状態だけど。
    ユズのりが読みたそうだからあんま詳しいレビューは書かないでおこう。
    訳が違う早川書房版のトリフィドの日バージョンも読んでみたいなぁ。

全2件中 1 - 2件を表示

ジョン・ウィンダムの作品

トリフィド時代―食人植物の恐怖 (1963年) (創元推理文庫)に関連する談話室の質問

トリフィド時代―食人植物の恐怖 (1963年) (創元推理文庫)を本棚に登録しているひと

トリフィド時代―食人植物の恐怖 (1963年) (創元推理文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

トリフィド時代―食人植物の恐怖 (1963年) (創元推理文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

トリフィド時代―食人植物の恐怖 (1963年) (創元推理文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする