宇宙の眼 (1959年) (ハヤカワ・SF・シリーズ 3012 〈ハヤカワ・ファンタジイ〉)

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 中田 耕治 
  • 早川書房 (1959年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)

宇宙の眼 (1959年) (ハヤカワ・SF・シリーズ 3012 〈ハヤカワ・ファンタジイ〉)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 偶然遭遇した加速器の事故によって、主人公は、同じく事故に巻き込まれた他人の精神世界へ入り込んでしまう。それが例えどんなに清廉な、快楽に満ちた世界であっても、主人公にはとてもグロテスクなものに写り、そこから抜け出そうと試みるが…
    人の世界観や価値観、イデオロギーに対する批判に満ちた作品であるが、それでいて読後には現実世界への嫌悪感や絶望をまったく感じさせず、むしろそんな猥雑なややこしい世界を賞賛しているところがこの作品の素晴らしさである。読後は主人公とともに、新たな人生の一歩を踏み出すことができるだろう。

  • 2010.01.24 朝日新聞に掲載されました。
    なんだかものすごい内容のようで・・・気になります。読みたい!

  • 100124朝日新聞書評

全3件中 1 - 3件を表示

フィリップ・K.ディックの作品

宇宙の眼 (1959年) (ハヤカワ・SF・シリーズ 3012 〈ハヤカワ・ファンタジイ〉)はこんな本です

宇宙の眼 (1959年) (ハヤカワ・SF・シリーズ 3012 〈ハヤカワ・ファンタジイ〉)を本棚に登録しているひと

宇宙の眼 (1959年) (ハヤカワ・SF・シリーズ 3012 〈ハヤカワ・ファンタジイ〉)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

宇宙の眼 (1959年) (ハヤカワ・SF・シリーズ 3012 〈ハヤカワ・ファンタジイ〉)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする