心で見る世界 (1960年) (岩波新書)

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 島崎敏樹
  • 岩波書店 (1960年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)

心で見る世界 (1960年) (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/B000JAQI7K
    ── 島崎 敏樹《心で見る世界 19600118-19690815 岩波新書》
     
    <PRE>
     島崎 敏樹 精神病理学 19121108 東京 19750317 62 /東京医科歯科大学医学部精神医学教室初代教授
    /旧姓=西丸/藤村の甥=祖父の島崎 秀雄家の養子
    ────────────────────────────────
     西丸 四方 精神病理学 19100213 東京 20020214 92 /敏樹の兄/信州大学名誉教授
     西丸 震哉  食生態学 19230905 東京 20120524 88 /敏樹の弟/登山・文筆
    ♀西丸 いさ       18‥‥‥ ‥‥ 19‥‥‥ ? /震哉&島崎 敏樹の姉/旧姓=島崎 四方の母
    /190908‥ 啓三の妻/藤村の姪=藤村の長兄・秀雄の長女
     西丸 啓三  亮の息子 18‥‥‥ ‥‥ 19‥‥‥ ? /いさの夫
    ♀西丸 優子    女優 19800523 長野       /いさの孫 [A] 165bm
    </PRE>
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19430822
     島崎家の人々 ~ 夜明け後の年譜 ~
     
    ── アランはこう言っている──「女の考えはとりわけ目的の方に走
    るのに反して、男の考えは何よりも手段に苦労する。ところで目的とい
    うものは感情によって知られるもので、厳密にこれを計ることも実証す
    ることもできないものなのだ」。両性におけるこの差異は、アランがま
    た「男の認識は形而上学的であり、女のそれは実証主義的である」との
    べているのにも通ずる。カメラや配線法や方法論や体系に凝って凝固す
    るのはまず男の人たちにかぎられ、女性的な女性の方はいつも流れてい
    るので、こうした精密な不動の組織に魅いられて凝固することに縁をも
    てないようにみえる。(P102-103)
     
    (20100423)(20160114)
     

全1件中 1 - 1件を表示

島崎敏樹の作品

心で見る世界 (1960年) (岩波新書)はこんな本です

心で見る世界 (1960年) (岩波新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

心で見る世界 (1960年) (岩波新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする