ポワロの事件簿〈第1〉 (1960年) (創元推理文庫)

  • 15人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 小西 宏 
  • 東京創元社 (1960年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)

ポワロの事件簿〈第1〉 (1960年) (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 11月頃に県立図書館で借りて読んだのに、レビュー忘れてたー。
    覚えてることはただ一点、ヘイスティングスくんのポワロに対する態度が何かイラっとしたってことだけ…。ヘイスティングスくんのキャラは、原作よりドラマ版の方が絶対ステキだと思うんだ…。

  • むかーし、母が買った本。

  • 実はきちんとアガサ・クリスティを読んだ記憶がありません。多分少年少女版では読んだことがあるんだとは思いますが。そして映画とかドラマで見たこともあるとは思うのですが… そんなこともありずいぶんと新鮮に読みました。

    どちらかというと私はホームズの方が好きかなあ… 事件の解決の仕方も証拠の提出もホームズの方が分かりやすい気がします。事件の解決方法も。
    遺産の受け取りの話は面白かったです。こういう平和な方が好きですね〜、うん。

  • 090405(n 090911)

全4件中 1 - 4件を表示

アガサ・クリスティの作品

ポワロの事件簿〈第1〉 (1960年) (創元推理文庫)はこんな本です

ツイートする