チャイナ橙の謎 (1960年) (創元推理文庫)

  • 14人登録
  • 3.71評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 井上 勇 
  • 東京創元社 (1960年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)

チャイナ橙の謎 (1960年) (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1960年度版。約20年ぶりの再読。被害者の衣類から部屋中の家具、小物に至るまで全てが“さかさま”となった奇妙な密室での殺人。捜査令状も持たず、容疑者の留守宅に忍び込んでのエラリーの捜査に突っ込みたくなる。読者への挑戦状はあるものの、しかしこのトリック、日本人が解くには難易度が高いのでは?字がやたらと小さく、かなり読みづらかったが、やはりエラリー・クイーンは最高!

  • クイーンもの。国名シリーズ第8作目で、殺人現場が動かせるものはすべてあべこべ――逆さになっているという奇怪な事件をクイーンが解くもの。このあべこべ、結構ストーリーの重しになってはいるものの、それほど重要視されていないような気がします。どちらかというとメインは密室ものとなってますが、その密室も密室とはいえないんじゃないか、というものでなんか謎がそれぞれ興味はあるけれど、微妙な感じ。まあ、その密室にしたトリックについても、よく説明が難しすぎてわからなかったり……。でも、物語は面白かったですし、謎が奇怪であることから、その奇怪な謎の興味もあって読めたので、面白かったです。

全2件中 1 - 2件を表示

エラリー・クィーンの作品

チャイナ橙の謎 (1960年) (創元推理文庫)はこんな本です

ツイートする