味噌汁三百六十五日 (1959年)

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 辻嘉一
  • 婦人画報社 (1959年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)

味噌汁三百六十五日 (1959年)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まるまる一冊の味噌汁のことだけ。今、これほど味噌汁を追及した本は出せないと思う。

  • とにかく味噌汁のことならこの本だ。
    昭和34年初版のこの本は辻嘉一がすでに料理人となってから40年を経てから著している。
    その当時でも居住まいをただして味噌汁と対峙していたことが伝わってくる。
    味噌汁を馬鹿にしてはいけない。

全3件中 1 - 3件を表示

辻嘉一の作品

味噌汁三百六十五日 (1959年)はこんな本です

味噌汁三百六十五日 (1959年)を本棚に登録しているひと

味噌汁三百六十五日 (1959年)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする