知と愛―ナルチスとゴルトムント (1959年) (新潮文庫)

  • 11人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 高橋 健二 
  • 新潮社 (1959年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)

知と愛―ナルチスとゴルトムント (1959年) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 卒論の題材。これによりユングの心理学を知る。論文が進むにつれ当初大学に提示していたテーマから外れてユング一色になっていったことを思い出す。独文学論文のはずが心理学色が濃くなり、そのことを卒論の面接テストで突っ込まれた。ヘッセとユングがこれほど強く結びついていたとは当時は知らなかった。今なら卒論のテーマは違うものとなっただろうなぁ。

全2件中 1 - 2件を表示

ヘルマン・ヘッセの作品

知と愛―ナルチスとゴルトムント (1959年) (新潮文庫)はこんな本です

知と愛―ナルチスとゴルトムント (1959年) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

知と愛―ナルチスとゴルトムント (1959年) (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

知と愛―ナルチスとゴルトムント (1959年) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする