文鳥・夢十夜・永日小品―他四篇 (1956年) (角川文庫)

  • 14人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 夏目漱石
  • 角川書店 (1956年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)

文鳥・夢十夜・永日小品―他四篇 (1956年) (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 19:20東京発新青森行きの新幹線車中で読了。不思議な雰囲気の「夢十夜」の中でも第三夜は落語『もう半分』を想起させるような怖い話。初読の時にも印象深かった。「自転車日記」も、漱石が英国で神経衰弱となってからのもので、軽妙な文章の奥に悲しさを感じる。

全1件中 1 - 1件を表示

夏目漱石の作品

文鳥・夢十夜・永日小品―他四篇 (1956年) (角川文庫)はこんな本です

文鳥・夢十夜・永日小品―他四篇 (1956年) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

文鳥・夢十夜・永日小品―他四篇 (1956年) (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする