シャーロック・ホームズの冒険 (1953年) (新潮文庫〈第512〉)

  • 26人登録
  • 4.10評価
    • (5)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 延原 謙 
  • 新潮社 (1953年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)

シャーロック・ホームズの冒険 (1953年) (新潮文庫〈第512〉)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シャーロック・ホームズの冒険 (1953年) (新潮文庫

  • 『ボヘミアの醜聞』
    ボヘミア王からの依頼。「あの女」アイリーン・アドラー登場。

    『赤髪組合』
    赤髪組合となのる組合に騙された質屋の店主。

    『花婿失踪事件』
    父親のいない間に恋に落ちた相手が消えてしまった。

    『ボスコム谷の惨劇』
    領主を脅し暮らしていた男が殺害され息子が逮捕される。最後の言葉「ARAT」の謎。

    『オレンジの種五つ』
    叔父と父親に送られた脅迫状。叔父、父親共に殺害され、更に脅迫状が。KKKの秘密。

    『唇の捩れた男』
    妻の前から消えた男。捕まったコジキの正体。

    『青いガーネット』
    ガチョウの腹から現れた青いガーネット。

    『まだらの紐』
    依頼者の姉が死に際に口にした「まだらの紐」の秘密。

    『花嫁失踪事件』
    貴族の結婚式から消えた花嫁。

    『ブナ屋敷』
    特殊な条件で雇われた家庭教師。


     1996年6月22日再読

     1997年5月20日再読

  • 初めてホームズ本読んだのがこれ。
    順番的には緋色の研究が先みたいなんだけど知らなかったので笑。短編だからすぐ終わるし読みやすい。

全3件中 1 - 3件を表示

シャーロック・ホームズの冒険 (1953年) (新潮文庫〈第512〉)のその他の作品

コナン・ドイルの作品

シャーロック・ホームズの冒険 (1953年) (新潮文庫〈第512〉)はこんな本です

ツイートする