トニオ・クレエゲル (1952年) (岩波文庫)

  • 10人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 実吉 捷郎 
  • 岩波書店 (1952年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (102ページ)

トニオ・クレエゲル (1952年) (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 愛に飢え、おずおずと愛する人や場所に近づく繊細な少年。自分のいる世界と愛する人のいる世界が違い、合わせられない不器用さ、相手が近寄ってくれるときの単純な嬉しさ、なんだか分かる気がする。
    それは青年になってからも、文字と戯れ、知的な文学人としての名声を得始めてからも、根源の欲求は変わらないという、ある意味絶望的で俗人の悲しさがあった。

    私が読んだのが初訳のもので、「よござんすか」などと訳が古かったです…

  • (1997.04.28読了)(1997.04.15購入)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    「最も多く愛する者は、常に敗者であり、常に悩まねばならぬ」―文学、そして芸術への限りないあこがれを抱く一方で、世間と打ち解けている人びとへの羨望を断ち切ることができないトニオ。この作品はマン(1875‐1955)の若き日の自画像であり、ほろ苦い味わいを湛えた“青春の書”である。

  • 平凡と非凡.そんな事考えて生きてたら困っちゃう.

  • 07034
    02/13


    07035
    02/14
    ※雑誌
    本雑 2005年11月号

全4件中 1 - 4件を表示

トオマス・マンの作品

トニオ・クレエゲル (1952年) (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする