Dearフランキー [DVD]

  • 171人登録
  • 3.83評価
    • (20)
    • (35)
    • (33)
    • (1)
    • (0)
  • 28レビュー
監督 : ショーナ・オーバック 
出演 : ジェラルド・バトラー  エミリー・モーティマー  ジャック・マケルホーン  シャロン・スモール 
制作 : アンドレア・ギブ 
  • ハピネット (2007年2月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953021471

Dearフランキー [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容は重たくせつないけど、語り過ぎない、飾り過ぎない控え目な展開の中、母として、子として、隣人として、精一杯生きる様が感動を誘う。
    結末も、こうあってほしいと明確なハッピーエンドを示すわけではないのに、心穏やかで優しい気持ちにしてくれる秀作。

  • 母の強さに、子供の逞しさに震える。
    たまには手紙を出してみようかな。

  • これは、泣かされます。感動感動。

  • 曇りがちなイギリスの港町の空気、室内を映す光と影、人間同士の”間”の描写がすごく印象的。登場人物それぞれの演技もすごく絶妙。
    手紙の肉筆で綴られた言葉の強さというものを改めて感じる作品。

  • 繊細で、張り詰めた雰囲気。でも淡々と進むストーリー。
    何回でも見て、その細かい描写を味わいたい映画。

    母親役の傷ついた心情、疲れながら送る日常生活、子供に架空の手紙を必死になって書き続ける張り詰めた状況。そんな人物描写が細かいところまでよく書かれていると思う。

    フランキー役の子役は、本当に耳が聞こえないのかと思ったくらい。
    耳の聞こえない人独特のしぐさとか、よく理解して、表現できている。

    フランキーの友達、なんかおかしくていい味を出してる。
    女の子もおしゃまでかわいかった。
    この二人が、フランキーが抱えている特殊な日常を普通のものに引き戻していると思う。

    ストレンジャー役、見た目も演技も、まさに適役。寡黙で繊細。

    泣いたところは、2ヶ所。

    ひとつ目はタンスのシーン。
    勝手に開けたことを叱りながら、実はフランキーに秘密を知られてしまったらどうしようっていう不安の方が強かった、そんなお母さんがかわいそうで。その張り詰めた状況がよく伝わってきた。

    もう1つは、ストレンジャーに初めて会って、本をもらったところ。
    母親は彼のこの表情が見たくて、今まで戦っていたんだと思う。
    その安堵が伝わってきて、涙。

    このまま、どうなっちゃうのかなって思っていたけど、希望が見えるラストで、よかった。

    あんなに苦しめた元夫がなくなったことで、逃亡生活に終止符を打つことが出来た。
    フランキーは、自分の本当の父親が亡くなって、ストレンジャーがママのパートナーと解釈した。
    恋してしまったっていうより、やっと信頼できる相手と思えたストレンジャーは、本当に他人でもう会うこともない人ではなく、実は友達の弟だった。また会うことが出来る!!

    こんなに苦労したお母さんにようやく人生がめぐってきて、あぁよかった!!!
    そんな雰囲気を本当によく表現した演技だった。
    主演女優さんのインタビューを後で見ると、ぜんぜん違った雰囲気。すごい。

  • ああいう感じの映画という感じしかあまり覚えてません。

    結局どうなったんやっけな?

  • もう一度みたい作品

  • 暖かい話。
    子供ができてからもう一度見たいな。

  • 母親の愛情が胸にしみた。
    父親探すために繰り出したりと意外に危ない道渡ろうとしてたけど。

    ジェラルド・バトラーは寡黙な役で登場するかと思いきや
    男らしいお父さん役。

    最初の距離感つかめない演技がまたいい。

    結局、何者だったのかその後どーなったとかには触れないのが
    またいい作品だなと

    本当の親子になれたら素敵なんだけど。

    でも本当のお父さんは身勝手過ぎて。
    その家族も身勝手すぎる。

    フランキーがどこまで知ってるんだろう。

  • 胸が温まる、好きな映画です。やさしい気持ちになりたいとき、観ます。

    海辺の町に暮らす、息子と母親。そして1日だけの父親役の男性が織り成す、絆の物語。
    映像も音楽も美しい。
    母の優しい嘘、というよりは、母の必死の嘘。その必死な姿が痛々しくて、でも何よりも力強い。

    ジェラルドバトラー様がとにかくナイスガイ。その魅力をあますところなく表現する映画でした。いかつい男のやさしさー!!大好物だー!
    フランキーに抱きつかれてぎしっとなってるところなんて、もう可愛すぎてバトラー様。おいくつだよバトラー様。
    最後(エンドロール)まで、彼の役名が「the stranger」ってのもイイ。そういうどうでもいい細部も好みです。

    海辺の街・・・雰囲気は素敵だけど仕事なさそうだなぁ。

全28件中 1 - 10件を表示

Dearフランキー [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

Dearフランキー [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

Dearフランキー [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする