月光のカルネヴァーレ

  • 99人登録
  • 3.57評価
    • (11)
    • (9)
    • (32)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
  • ニトロプラス (2007年1月26日発売)
  • Windows 2000
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4529790130026

月光のカルネヴァーレの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ゴシックワールADVです。美女(ヒトガタ)と野獣(ヒトオオカミ)というキャッチコピーが示すとおり、人狼である主人公のロメオと自動機械人形のアンナを中心に話が展開し、犯罪組織オルマ・ロッサ、対魔特殊部隊・鳥兜(ルパーリア)等の争いに巻き込まれていく。背景などは実際のイタリアの風景に修正を加えているらしいです。なるほど、どうりで。このゲームは雰囲気が素晴らしいです。BGMともマッチしています。男性キャラはもちろん、女性キャラもカッコイイのが魅力です。その辺を歩くおっさんですらハードボイルドな雰囲気をチラつかせています。戦闘シーンが多数ありますが、文章で表現するには少し厳しかったんでしょうね。どうも長引いてテンポの悪さを感じてしまいました。 ささやかな幸せを取り戻すためにロメオは立ち向かいます。

  • 世界観が良い。
    ルナリアかわいかっこいい♡

  • 世界観が美しい

  • 主人公、もろ銀さん(笑)
    面白いけど悲しいお話。

  • 絵も音楽も舞台もストーリーもキャラも本当に好みど真ん中でした。ギャルゲお勧めするなら絶対これです。

  • ニトロにエロを期待しないこと。
    スチル(CG)の塗りはデモンベイン風。
    演出が冴えてます。

  • 人狼とオートマタ好きには絶対オススメ!!
    出てくるキャラ皆魅力的ですが、特に人狼の主人公・ロメオがモサくて無愛想なのが相当ツボです!(しかも方向音痴のタクシー運転手!!!)
    ストーリーは、ある雨の日、追われてキズだらけのロメオが街の片隅に積み上げられたジャンクの中に一体のオートマタ(機械人形)を見つけます。
    キズだらけの人狼と壊れかけた人形。二人はこの街で出会い、そして新たな生活がここから始まります。
    ストーリーは本当すごく良いです!ゲームやってて泣いちゃいました!特にオートマタのアンナの健気さが本当に引き込まれます!
    壊れてゆくオートマタ、記憶はだんだん失われて、体も思うとおり動かなくなってゆく・・・。だけどアンナはそんな辛さを見せず、いつもそこに笑顔で居る。その様は本当胸を締め付けられます!!
    ただ、本当ストーリは長いです!!じっくりやるが吉!!あとは分岐が多く、ヒロインのアンナに冷たくしすぎるとBADになっちゃうので要注意!

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

月光のカルネヴァーレを本棚に「プレイしている」で登録しているひと

ツイートする