コード・アンノウン [DVD]

  • 53人登録
  • 3.19評価
    • (2)
    • (6)
    • (20)
    • (4)
    • (0)
  • 6レビュー
監督 : ミヒャエル・ハネケ 
出演 : ジュリエット・ビノシュ  テイエリー・ヌーヴィック 
  • video maker(VC/DAS)(D) (2007年2月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571169961502

コード・アンノウン [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  すれ違った人々のそれぞれを追っていくことを通してすれちがい、コミュニケーションの不通を描く。
     ミヒャエ・ハネケ作品。

     群像劇で最初の接点はあるが、それが最後に向けて結びつくことはない。ただコミュニケーションの不全を描くだけでなく、聾唖の子ども達のジェスチャーゲームなど難解な伝え方を通して映画そのものがコミュニケーション不全でもある。
     えー、そんな映画つまらないよなどと文句言ってはいけない。だってこの映画のタイトル自体が「コード・アンノウン」なのだから。
     BGMをほとんど使わないハネケ作品の中で、ラストのドラムのBGMが印象的。

  • BGMをいっさい使わない。大袈裟なカメラワークはいっさいしない。で、いきなり唐突なことが起きて観客を飛び上がらせる、で有名なハネケ監督の作品ですが、これはまさに「アンノウン」。ことに筋立てがあるわけではなく、そして起きている出来事に対して観客は十全な説明を与えられない。だから、よっぽどのハネケ監督ファンでないと、「なんでこんな映画を見せられなきゃいけないの?」と思うでしょう。まあ、思ってもしょうがない。ここまで行くとさすがに難易度は高い。私も意識が何度も飛びました^^;

  • 製作年:2000年 製作国:フランス=ドイツ=ルーマニア 時間:113分
    原題:CODE INCONNU: RECIT INCOMPLET DE DIVERS VOYAGES
    監督:ミヒャエル・ハネケ

    (4.0点)

  •  

  • ミヒャエル・ハネケ監督、ジュリエット・ビノシュ主演。いくつものストーリーが平行して語られ、さらにそれぞれのストーリーは時に交わりつつも未完のまま終わる。カットの潔さと、日常から人間を切り取る視線の確かさ、優しさ。この監督のすべての作品が観たい。(070701<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000LE136K%3ftag=booklogscotty-22%26link_code=xm2%26camp=2025" target="_blank">コード・アンノウン</a>)

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

コード・アンノウン [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

コード・アンノウン [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする