Myth Takes [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC167)

  • 76人登録
  • 3.85評価
    • (17)
    • (8)
    • (22)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
アーティスト : !!!  チック・チック・チック  Chk Chk Chk 
  • BEAT RECORDS / WARP RECORDS (2007年1月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4523132712673

Myth Takes [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC167)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カリフォルニア州サクラメントで結成 NYブルックリン在住 GSL ディスコ・パンクの最先鋒 テネシー州ナッシュビルの一軒家 正に圧倒的テンションとグルーヴ、そしてディープなサウンド・スケープが渾然一体となり拡がる傑作 フロントマン、ニック・オファー 周回遅れのトップ・ランナー 毒舌家の孤高の詩人マーク・E・スミス率いるザ・フォール カンという偉大な先駆者からの絶対的な影響の下 たいはい頽廃的 共通のものをシェア 享楽的で、退廃的なサウンド 顕著な形 失敗と神話という二つの言葉を掛け合わせた『ミス・テイクス』というタイトル 遠回しなメタファー 暴君ネロ 揺るぎない怒りと闘志 古い鋳型いがた “普通”に対するプロテスト・ソング エクソダスにはまだ間に合う 200612田中宗一郎

  • (P)ファンクじゃないな、ロックとかポスト・パンクの印象。

  • ファンク、ディスコ、ロック、エレクトロニカ、民族音楽、、、、、
    「全部食い散らかして、吐いてやるから食え!」くらいなテンション。
    ちょっと下品なゴッタ煮音楽。

    前作よりもパーカッションが効いていてワイルド。

    踊れます。

  • 1曲目鳴ったとたん娘と二人で踊りだしてしまった。
    PUNKでありFUNK。
    どちらも「人」の匂いがすることが重要だと思う。このアルバムはまさにそれ。
    今聞きたい要望にカッチリ合いました。
    初期のレッチリ臭もして好きですねやっぱり。

  • Must Be the Moon

    これはホントに最高。

    勝手に踊りだしてしまう。

  • 全てが完璧なアルバムに久しぶりに出会ったなぁっていう。前作は前作でよかったけれど、これはそれを軽々と超えている。遥か彼方まで行き着いてしまったかのような印象。すっごいアルバムを作るよ。。。このアルバムは驚きだ。。。すごいすごいすごい。(08/4/5)

  • 「nature」をデジタルも交えて曲にすると、こーなる。素晴しい!

  • この蠢くような音はなんだ。違和感と同時にノスタルジィ以上の根源的なものを感じる。本能的な縦ノリを強いられるかのようだ。心臓を引っ張り出し、その鼓動で奏でられるような闇のビートは蠱惑的である。オススメ曲は「All My Heroes Are Weirdos」。踊り狂わされます。

  • 動きたくなる。

全9件中 1 - 9件を表示

Myth Takes [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC167)のその他の作品

Myth Takes [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC167)はこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

Myth Takes [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC167)を本棚に登録しているひと

Myth Takes [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC167)を本棚に「いま聴いてる」で登録しているひと

Myth Takes [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC167)を本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

Myth Takes [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC167)を本棚に「いつか聴く」で登録しているひと

ツイートする