ソウ3 DTSエディション [DVD]

  • 391人登録
  • 3.10評価
    • (20)
    • (55)
    • (153)
    • (40)
    • (13)
  • 93レビュー
監督 : ダーレン・リン・バウズマン 
出演 : トビン・ベル  ショウニー・スミス  アンガス・マクファデン  バハー・スーメク  ディナ・メイヤー 
制作 : リー・ワネル 
  • 角川エンタテインメント (2007年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988126204488

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ソウ3 DTSエディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジグソウに対抗出来る存在がいなくて、ただただ拷問を見させられる展開は辛かった。こういったアクション要素がなくて、拷問のための残虐性って見ていて疲れるなぁ・・・。つまらないとは思いつつも過去の話が描かれるのは少しテンションがあがった。あとアマンダはかわいい!

  • やはり観ねばなるまい。

    【1も2も観てる人へのあらすじ】
    2代目に監禁された刑事は逃れようと踵粉砕!しかし結局監禁アボン。巷ではジグソウ事件の被害者(全身に付けた鎖を自ら肉を契って取らないと爆死)を検視官ケリーが調査→鎖を取っても扉が溶接されていたことから、今までのジグソウのようにゲームで生き残るわずかな隙もないことに気づく。一方飲酒運転で息子を亡くしたジェフは食肉工場に拉致→扉を開けるとそこは冷凍室で全裸の女性が!彼女が事故を目撃したのに黙っていたため、運転手が無罪になっていた。ジェフが取れる鍵で彼女は助かる。しかし彼女を許せるのか…。

    【以下ネタばれあらすじ】
    ジェフは葛藤の末助けようとするが女は凍死→次は運転手を無罪にした判事が内臓責めに→葛藤の末助ける。一方女医も拉致されゲームが終わるまで末期癌初代を生かし続けないと爆弾でアボン。ライブ脳手術。ジェフは運転手と遭遇→葛藤中判事が偶然死んだり運転手が全身万力でネジレアボン。『許せるか』が今回のテーマ→実は今回のゲームは許しという逃げ道を与えない2代目が対象→負けた2代目はジェフに撃たれ死。ジェフは結局初代だけは許せず殺す→実は妻の女医アボン。初代死の間際のテープ再生→「娘を監禁した」ゲームオーバー。

    こうしてあらすじを書いてみると結構複雑に考えられてるかなあという感想も抱くのですが、既にサスペンスという枠ではないほどグロ炸裂です。怖いというより痛い。

    他にも皆さまお馴染みの主要人物の死ぬシーンがあり
    (長くなるので割愛してますが)その辺はファンとしてぼかして欲しかったと切に思います。グロがいけんというのではなく種明かししない方が手品は面白い的な。

    しかし1と2を観た方なら観た方が良いとは言わないが
    観ても良いのではないでしょうか。

    ※2006年3月-2011年1月までやってたブログより転載

  • グロシーンがやり過ぎでしょう・・・
    ですが途中で飽きることなくハラハラドキドキしながら見終わりました。
    ここまで来たら全部見るっきゃない

  • 前作、前々作同様面白いです。開始即グロくて、もし映画館で見てたら、即退席してしまいそうと思いました(笑)。クライマックスでの伏線振り返りは毎回ありますが、見ごたえあります。

  • これだ(笑)私が以前観て、グロ〜と思いソウを敬遠していたのは。
    なるほど、いきなり3から観てもストーリーはチンプンカンプン、ただただグロい印象が残るだけで無理もないですな。

    改めて1〜観て、楽しめた。
    何というか、ジクソウに共感出来るわけではないのだけど、アマンダはあまりにもクソ過ぎて終盤までは、何でこの女にその後を託そうとしたのかと甚だ疑問だったわけだけど、それも最終的には解決し、伏線も回収されていき、今までの被害者達がどうなったかも知ることが出来た。
    最後のオチを有耶無耶にして、視聴者側に委ねる類は個人的に嫌いなのでスッキリ出来た。

    不満といえば、アマンダの死に方がヌルいこと。





  • ソウよりは、
    巧妙に仕掛けられているゲームと、
    各々の残忍性や生々しさは増していて面白いが、
    売れてちょっと予算が増えた感が、
    逆に萎える。

    ちなみに、ソウ2は未見。

  • 過ちを犯した人間を赦す事ができるか。テーマは非常に重いもので且つ深い。殺人の描写は非常に残酷なものであり直視しがたい場面もあるがそれがこの映画の醍醐味であり、ファンにとっては無くてはならないものだろ。凍らしたり、豚の死骸を粉々にしてできた汚水を浴びせたり、歯車で手足を捻ったりとやりたい放題。ハッキリ言って、ヤバい。
    最後の最後にまた騙されてしまった。。。不自然な感じはしたんだけどな~。

  • 1-24

  • なんだかんだ長生きのジグソウじいさん。
    お医者さんは頭もよくなきゃだし、手先の器用さも必要なんすね。大変なお仕事だ。

  • 斬新なトリックと壮絶な残酷描写で世界的に大ヒットしたシチュエーション・スリラーのシリーズ第3弾。謎の殺人鬼“ジグソウ”が仕掛ける新たなゲームが幕を開ける。シリーズの生みの親ジェームズ・ワンとリー・ワネルは原案と製作総指揮を担当。監督は「ソウ2」に引き続きダーレン・リン・バウズマン。 ある時、暗闇で目覚めたエリック。彼は拘束状態にあったが、自らの右足を犠牲にそこからの脱出を図る。またある日、密室での爆死事件が発生。またしてもジグソウの仕業と知った女刑事ケリーは、独自に検証を始めるが…。一方、不倫に溺れる女性外科医リンが何者かに誘拐される。リンが目覚めると、目の前には瀕死の殺人鬼“ジグソウ”が横たわっていた。ジグソウに付き従うアマンダがリンにルールを伝える。それは、ある男に仕掛けたゲームが終わるまで、ジグソウを延命させること。ジグソウの心臓が止まれば、リンの首に巻かれた爆弾も爆発する──。その頃、食肉工場の地下室で一人の男が目を覚ます。彼はひき逃げで最愛の息子を失った父親ジェフ。彼はそこで鎖につながれた3人の男女を目撃する。一人はひき逃げを目撃しながら法廷で証言しなかった女。もう一人は、犯人に軽い罰しか与えなかった判事。そして最後に、愛する息子をひき殺した男。ジェフは、この3人の運命が自分にゆだねられていることを知るのだった…。

全93件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ソウ3 DTSエディション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ソウ3 DTSエディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ソウ3 DTSエディション [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする