バベル

  • 21人登録
  • 3.10評価
    • (1)
    • (5)
    • (11)
    • (3)
    • (1)
  • 11レビュー
  • Amazon.co.jp ・映画

バベルの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ようやく見ました。
    なんかいろんな不幸な出来事ばっかりおこるので、いらいらしながら見ました。

  • 届け、心

    祝 菊池凛子オスカーノミネート
    かなり体張ってた

  • 「21g」もかなり時系列をいじっており、「ここまで時系列をいじる必要ってあるの?」と思っていたのですが。。今回も同じ事を感じました。この映画は場所も移動するので、前作よりもっと散漫な印象を受けました。

  • モロッコの夫婦は、「シェルタリング・スカイ」を思わせる。

  • うまくいかない想い、重い

  • イニャリトゥ監督とアリアガ・ホルダンのコンビの3部作最終章。
    メキシコ、モロッコ、そして東京と3つの異なる都市を舞台に、題名である「バベル」つまり言葉、感情、意思の疎通の不確実さがもたらす混乱を描いている。すごく切ない映画。。。

  • アメリカ人、日本人、モロッコ人、スペイン人それぞれのストーリーが絡み合う。言語の壁は大きく、それが心の壁へとつながっていく。日本のシーンでは家族の壁、富裕層の空しさ、性の暴走がクローズアップされていた。他国の文化も問題が浮彫りにされる。言葉の難しさ+文明批評=「バベル」ということだろう。
    ストーリーを複雑にしたせいか中盤ダレる。エンタメっぽくないので玄人向きだと思う。

全11件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする