バルカン超特急 [DVD] FRT-035

  • 69人登録
  • 3.70評価
    • (8)
    • (12)
    • (15)
    • (2)
    • (0)
  • 16レビュー
監督 : アルフレッド・ヒッチコック 
出演 : ノーントン・ウェイン  マイケル・レッドグレイヴ  マーガレット・ロックウッド  ポール・ルーカス  ディム・メイ・ホィッティ 
  • ファーストトレーディング (2006年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4560285900359

バルカン超特急 [DVD] FRT-035の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • サスペンスやミステリーは嫌いだったんだけど、面白くてびっくり。もしかしてこういうのが正真正銘、本物ってやつなんですかね。ヒッチコック監督、サスペンスの神様と言われてるのね。確かに、元祖であり元素っぽいかもしれない。無駄がないのに本質を突いてる感じ。

    犯人や犯罪組織の設定やら感情的な動機などをぐだぐだと描き続けるのは、輸入・加工された国産品の特徴だったのかな。登場人物の行動の動機なんてそんなに入念に描かなくても作品になるんじゃん!って、ハッとさせられました。生まれ故郷とか生い立ちとか、全然いらないんだなぁ。演者どうしの小さなタイミングや、緊迫するシーンでも間延びしないことが凄く大事なのね、きっと。

    観客を変に誘導しないで、煽ってこないのが好き。観ている側に自然に感覚が起こるのがいい。精巧に作られたピンボールの中を球になって転がされているみたい。要所要所できちんと仕組みが働いてる。こういうのならまた観てみたいと思ってヒッチコックを更にいくつかレンタルしました。

  • 100分ぐらいの映画でテンポもよく堪能しました。
    でも、印象は最期の「なんやねん!!」感ばかりのこりました。
    そして、ヒッチコックは見つけられませんでした。

  • U-NEXT経由。
    個人的にはヒッチコック作品のトップ5。

    普通の人間がイザコザに巻き込まれでいく展開はヒッチコックの真骨頂。

    サスペンスに皮肉とユーモアを交える2人のイギリス紳士が上手い。

    ただ久々に観ると、担架で運ばれて交換されるところや、修道女の宗旨替えなど、展開が雑なところも見えてきた。

  • 2006年 視聴

  • フライトプランの元ネタはこれですかね?観てないけど。
    もうちっとネタバレを引っ張って、なんというかこじんまりとしても良いと思ったが、これはこれで良いのかな。
    映画初期の段階でこんなプロットの映画を作られたんでは、今の映画で新しいプロットの映画は作れないよな。ちょっと最近の映画界を気の毒に思ってしまいますね。

  • 確かにそこに座っていたのに、乗客は誰もその女性を知らないという……
    ヒッチコックらしい王道ど真ん中のミステリーでしたが、後半から展開が大きくなりすぎてちょっと残念でした。

  • ヨーロッパ・バルカンからロンドンに向かう超特急。結婚を控えたアイリスは、そこで出会った婦人が目の前から消える。しかし、誰もその婦人のことを知らないという。
    そんなはずはない・・と彼女を探し始めるアイリスだが。

    気が付いたら誰も夫人のことを知らない、という設定が斬新だと思う。
    後半の展開がちょっと残念な気もする。。

  • サスペンスの神様と言われるだけはあり、プロットの良さが光る。

    英国人二人組のラストで笑った。

  • フライトプランの元ネタはマスターキートンだと思ってたけど、これだったんだね

  • 英国人のクリケットが面白かった。

全16件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

バルカン超特急 [DVD] FRT-035を本棚に「観たい」で登録しているひと

バルカン超特急 [DVD] FRT-035を本棚に「観終わった」で登録しているひと

バルカン超特急 [DVD] FRT-035を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする