ローマの休日 [DVD] FRT-096

  • 429人登録
  • 4.11評価
    • (118)
    • (60)
    • (86)
    • (2)
    • (0)
  • 73レビュー
監督 : ウィリアム・ワイラー 
出演 : オードリー・ヘップバーン  グレゴリー・ペック  テュリオ・カルミナティ  ハートリー・パワー  エディ・アルバート 
  • ファーストトレーディング (2006年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4560285900960

ローマの休日 [DVD] FRT-096の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 有名な映画だけど、初めて見た。
    オードリーが今見ても綺麗で本当に凄いなぁって…。
    冒頭のドレスを着て訪問者と握手をしながら、ヒールにつかれてこっそり靴を脱いだりするシーンが可愛くて好き。
    制限された世界で生きる窮屈さから抜けだし、やりたかった事に挑戦していく姿も可愛かった。
    ラストが割と急の尻切れトンボ感があったような…恋愛に発展するのも急だった気がする。

  • 言うまでもなく、ですね。一々ヘップバーンの反応が可愛い。可愛いなあ、って惚れちゃう男の人の気持ちが分かる。そして男の人も優しいですね。写真を撮る目的だったとはいえ、一々優しい。
    きっとあの写真は王女の一生の宝物になったんじゃないでしょーか。
    そしてずっと言いなりに大人しくしていた王女の最初の、そしてきっと最後の反抗。
    「一番印象的だった場所は?」
    「どの場所もそれぞれに素晴らしく――ローマです」
    印象的なシーンです。

  • HUMICでの請求記号「DVD14/0081/楽楽 : 中級/(118分)」

  • モノクロだからこそオードリーがきれいに見える気がする
    !後半の凛とした表情がすてき!

  • 名作のなので、見ておこうと思いました。

    なんか昔の作品って、刺激が少なくてつまらないイメージを勝手に持っていましたが、良い物は何年たっても色褪せず残るんですね。

    ラストまで少しも飽きることなくのめり込んでいました。

    思ってた以上にコメディでした。

  • 心に残るシーンが多くて素敵!
    とくに、真実の口のシーンが好き。

  • ローマにやって来たある国の王女様と不良新聞記者のお忍びのつかの間の恋を描いた名作。

    無邪気でくったくなく笑う画面の中のオードリーは今見ても色あせない。

  • とことんオードリーが可愛いです。
    何年たっても色褪せないラブストーリー。名シーンが溢れているので、「ああこれかあ!」がけっこうありました。
    見て良かった!(´^ω^`)

  • ついに観ました。
    勝手にベタ甘恋愛映画だと思い込んでいたのでいい意味で裏切られました。
    まさかヘップバーンの格闘シーンがあるなんて!
    グレゴリー・ペックは『頭上の敵機』で見たことがあったんですが
    相変わらずの色男ですねー……ラストシーンもお見事でした。

  • オードリー・ヘプバーン可愛い!!逆シンデレラなのだけど、世間ずれしてんだか慣れてんだか分からないよ王女。ご都合主義なとこも含めて素敵な夢物語だった

全73件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ローマの休日 [DVD] FRT-096に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

ローマの休日 [DVD] FRT-096を本棚に「観たい」で登録しているひと

ローマの休日 [DVD] FRT-096を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ローマの休日 [DVD] FRT-096を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする