機械じかけの小児病棟 [DVD]

  • 62人登録
  • 3.28評価
    • (4)
    • (13)
    • (14)
    • (8)
    • (1)
  • 17レビュー
監督 : ジャウマ・バラゲロ 
出演 : キャリスタ・フロックハート  リチャード・ロクスバーグ  エレナ・アナヤ  ジェマ・ジョーンズ 
制作 : ジャウマ・バラゲロ 
  • 松竹ホームビデオ (2007年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105052161

機械じかけの小児病棟 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お友達から紹介していただいた作品。これはなかなか好み。

    邦題とか、このパッケージのデザインでどうも観る人を選んでしまう感はありますが、邦画のようなジメッとした雰囲気だとか、実はよく練られた切ないストーリーだとか良い点が沢山ありました。

    キャリスタさんは、「アリー my Love」の印象が強かったけどやはり素敵な女優さん。

  • 中々面白く観れました。
    ホラーというよりサスペンスでした。
    後半、真実が明らかになる件はかなり良かったです。
    ですが2階に住んでる(?)霊をちゃんと見た時冷めましたw
    なんとも言えない不気味な雰囲気がずっと続くので、彼女は最後まで映さない方が良かったんでは?
    なのでそこが残念でした。
    あと邦題もうちょっと何とかならなかったんですかね~(笑)

  • 私的にはタイトルがちょっと残念に思う。
    トラウマを抱えた看護師が小児病棟の患者を守ろうとするホラー映画。
    機械の意味だったり、どんでん返しの犯人だったり、その容姿だったり、怖いしいろいろ楽しめました。
    タイトルからあまり期待していなかったけど、良い意味で裏切られた作品。
    スパニッシュホラー「REC」の監督が「REC」の前に監督した映画。
    舞台はイギリスのワイト島にある小児病院。
    主役はTVドラマ「アリーmyラブ」の主役を演じたキャリスタ・フロックハート。

  • 安定のスパニッシュ・ホラー。

    医療ミスの経験を持つ看護師エイミーが復帰したのは閉院間近の小児病棟。そこに入院する子供達の一人、マギーは「この病院にはシャーロットという機械の"彼女"がいる」と言う。
    同僚達は口を揃えて「シャーロットなんていうのはこの病院に伝わる昔からある怪談だが、おかしなことは何もない」というものの、しかし病院では夜中の怪音のほか、エレベーターが誤作動したり子供が突然原因もなく骨折するという説明のつかない謎の現象が起きていた。
    エイミーはシャーロットの謎を突き止めるため、前任の看護婦が死ぬ前に会っていた霊能者から「あの病院の二階には異界がある、人ではないものが棲んでいる。彼らは死んだ場所でも愛着がある場所でもなく、ただ愛する者の側に棲みつくのだ」と聞き出す。
    そこでシャーロットが実在した証拠を探すためにエイミーは閉鎖された二階へ上がり、一枚の写真を発見する。そこには少女と看護婦が写っていた。マギーの見た「シャーロット」という少女の存在を確信したエイミーは、その正体を突き止めるべく古いカルテを探すも見つけることが出来ない。そうこうしているうち、怒り狂ったシャーロットの亡霊は次々と犠牲者を出していき、ついに病院の建物は崩壊寸前まで追い込まれる。院長に詰め寄ると、ついに「シャーロット」について、「あってはならない、とんでもない醜聞だった…」と話しだした。曰く、骨が折れやすい病気になった少女の世話をするために雇った看護婦が居たのだが、少女は良くなりかけるとまた悪化するという状況にあった。病院側は、少女が何故なかなか退院出来ないのかを探ったところ、なんと看護婦が少女と一緒に居たいがためにわざと骨折させていたことがわかったのだった。しかしそれが発覚した時、既に看護婦は少女を殺害し、少女の付けていた器具を体に無理矢理装着した上でエレベーター坑に身を投げた後だった。
    そしてその看護婦の名前が「シャーロット」というの、と締めくくられ、エイミーは自分が勘違いしていたことに気がつく。
    少女シャーロットが「自分の痛みを他人にも味わわせるために人を傷つけている」のではなく、看護婦であったシャーロットが「子供の側にいるために」職員を殺したり子供を骨折させたりすることで閉院に伴い子供達が転院するのを妨害していたのだと。
    病院に戻ると、子供達が病院から救出される最中だったが、そこでエイミーはマギーだけがいないことに気付く。マギーは折り合いの悪かった看護婦によって見捨てられ、二階に取り残されていたのだった。エイミーは迫り来るシャーロットの亡霊から間一髪マギーを救出するが、マギーは病気により、エイミーは出血によって命を落としてしまう。医師による必死の救命活動の甲斐なく心肺停止状態から死へと向かうエイミーだったが、その体にはエイミーの霊が寄り添っていた。エイミーは映画で見た眠り姫が真実の愛のキスで目覚めたのを思い出しながら、マギーにキスをして命を救う。
    目が覚めたマギーの側には、姿こそ見えないが寄り添うエイミーの姿があるのだった。霊は愛する者の側に棲みつくのだ…。


    というハートフル(?)幽霊ストーリー。途中まで少女の霊だと思わせるようなやたらキラキラしい幽霊の足のショットを挟みつつ、最後シャーロットはめっちゃおばさんやん気持ち悪ッ!というどんでん返し。好きか嫌いか好みがわかれそうな作品だけど個人的にはラストのキスエンディングだけちょっとわかんないものの、全体的に雰囲気も病院のセットもシャーロットの設定も好ましい雰囲気だと思っています。アメリカ映画と違って子供を容赦なく痛めつける描写も怖さとエグさがあって◎。

  •  老朽化した小児病棟に辞めた前任者の代わりに入ってきた看護婦。そこでは原因不明の子どもの骨折が続いていた。

     これは怖いわ。
     古びた病院の雰囲気。ひび割れる建物。今までのホラー映画でありそうでなかった骨折という痛みの伝わる怖さ。あと何より装具の怖さがもうドン引き。
     舞台はイギリスだけど製作はスペインなのか。スペインは手堅いホラー映画をつくるのがうまい印象。

  • おもしろかった! 幽霊こわかったww

    病院汚すぎ・・・(;´▽`)
    いくら歴史のある建物っていっても、
    あんな不衛生な病院イヤだw

  • タイトルから受けるイメージと内容が大変食い違ってましたが、悲しくてなかなか良い話でした。

  • スペイン映画と思っていたら、英語で、アメリカかイギリスの映画であった。小児病棟での幽霊でしかも人を殺していくブリキの人形である。

  • 正直、なんだかなあ・・という作品。
    原題の”Fragile”は幽霊の正体(と思われていた)少女が患っていた若年性骨粗鬆症とかけているのでしょうが、結局その少女を担当していた看護婦が幽霊の正体だったわけで、そういう意味では邦題の「機械じかけ」もあながち外れてはいないんですが、しかし小児病棟が機械じかけなわけではないのであって・・・と、タイトルからして突っ込みどころ満載。ストーリーのところどころでも色々言いたいことはあるけど、極めつけはラストに登場する幽霊で、これに至っては怖いどころか笑いをこらえなければならない始末。一瞬「落ち武者?」と思ってしまいました。こういうのは海外のホラーと日本のホラーの違いからくるものなんでしょうかね。
    とにかく、全体的に詰めが甘い。舞台設定は悪くないのに、脚本と演出がイマイチ。不気味さを追求するのか、大胆かつダイナミックなホラー現象を追求するのか、観客を恐怖に陥れるポイントを的確に突く工夫が必要。

  • レンタルで鑑賞。

    ストーリーは心霊ホラーの王道。
    ヒューマンドラマ的で切なく、感動モノのホラー。ラストに泣かされてしまった。

    それにしても、このタイトルの意味不明さに苛立つ。小児病棟が機械仕掛けだと思い込むだろうが……。

全17件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

機械じかけの小児病棟 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする