Don't Make Me Wait

  • 28人登録
  • 3.59評価
    • (3)
    • (4)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
アーティスト : Locksley 
  • Feature (2007年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 0837101237055

Don't Make Me Waitの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ビートルズ、キンクス、ファウンテインズ・オブ・ウェイン、リバティーンズに
    影響を受けたと公言する
    4人組ロックバンドの
    2007年発表の
    デビューアルバム。


    選り好みしてるつもりはないんやけど、
    好きなバンドを見ればほとんどが
    UK出身に偏ってる今日この頃(笑)

    またもや
    60年代のブリティッシュな香り振りまく、
    活きのいいバンドが出てきたと喜んでたら…、
    なんとNY出身ということで
    ビックリ!!


    『21世紀のビートルズ』という
    キャッチコピーで売り出されてたけど、

    ビートルズに似てる似てないは、
    聴いた人それぞれが決めればいいことで、
    (個人的には、どちらかと言えば初期のキンクスの匂いを感じます)

    単純に身体を動かさずにいられない
    ポップでメロディアスで
    コーラスが印象的な、
    いい曲揃いのアルバムです。


    攻撃的なのに
    ポップでワクワク感があって、
    ここ最近のガレージロック勢の中では、
    かなりのオススメ。



    思わず跳び跳ねたくなる、
    軽快でキャッチーなビートが心地いい
    『Don't Make Me Wait』


    ビートルズ愛溢れ出す、
    スウィートで甘酸っぱいナンバー
    『Let Me Know』


    郷愁を誘う
    アコースティックなバラード
    『All Of The Time』

    ライブ映えする
    パンチ力にあふれた
    『She Does』


    耳に残る、軽快で
    どキャッチーな
    ロックンロールナンバー
    『Why Not Me』


    心地良いグッドメロディーに
    口ずさんでしまうこと必至の
    『The Past And The Present』


    センチメンタリズム溢れる、
    深い哀愁を感じさせるナンバー
    『It Wont Be For Long』


    など、無尽蔵に繰り出される
    グッドメロディの嵐と、

    1曲3分前後の
    瑞々しくタイトなロックンロールは、
    物足りないかと思いきや
    かなりクセになります♪


    楽しむことを許さない文化は未熟だし、
    楽しむことのできる精神こそが
    何かを越えていく。

    まだ青臭さも残るけど、
    身を委ねても
    損はないバンドですよ(^O^)

  • 個人的に「ビートルズの再来」のキャッチフレーズが一番ふさわしいバンドだと思います。雰囲気とか声がすごく近い気がする。"Why Not Me"とか"She Does"とか特に。

  • ディーゼルやディオールにみんなが走る中、リーバイスを履いている奴が1番カッコよかった。そういう爽快感が伴う1枚。無理なフックや小技など使わずひたすらポップさを追究した結果、アッパーや裏拳まで飛び出す始末。NY発ロックスリーのデビュー作だ。正直誰もが聞く必要はないのだが、これが許せるかどうかでは休日の景色が変ってくる。

全3件中 1 - 3件を表示

Don't Make Me Waitはこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする