金色のコルダ2

  • 328人登録
  • 3.89評価
    • (88)
    • (40)
    • (106)
    • (2)
    • (1)
  • 64レビュー
  • コーエー (2007年3月15日発売)
  • PlayStation2
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4988615026058

金色のコルダ2の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ◆ゲームの流れ
    練習をする為に楽譜を手に入れて、曲の完成度を高めていきます。
    今回はアンサンブルなので、メンバーを集めなくてはいけません。
    早い段階でメンバーを揃えて、アンサンブルの完成度を上げます。
    練習をすることによって、メンバー達との親密度が上がって、イベントが発生するようになります。

    ◆操作性
    セーブやロード、スキップ機能が充実しています。
    クリア後にはじめからプレイすると、BPが引き継げます。
    チュートリアルが親切で、攻略ヒントがあるので攻略本に頼らなくてもOKです。

    ◆キャラクター
    新キャラクターが二人います。
    普通科に転入してきた加地は、ヴィオラを弾くことが出来ます。
    新たな学園理事・吉羅は、残念ながら攻略対象ではありません。

    ◆グラフィック
    続編なので、前作とほぼ同じです。
    コンサートの衣装は新しくなっています。

    スチルの顔は、前作に比べて薄味なっているように思います。
    男性キャラは、香穂子と一緒のスチルが増えています。

    スチルの枚数は少ないですが、差分は多いです。
    コートを羽織っているか否かといったレベルならば許容範囲ですが、一番分からなかったのは月森くんが机に向かって何かを書いているスチルです。
    エントリーシートと五線紙の違いって、間違い探しかよと突っ込みたくなりました。
    吉羅理事のスチルも、パッと見は違いが分かりませんでした。
    「関東の浜に近いところに住む連中が十月下旬からコート着てるんじゃねーよ」
    そう毒づきたくなる私はワガママですか?

    ◆音関連
    前作よりも好きなクラシック曲が増えていて嬉しいです。
    サウンド系は相変わらず文句ナシです。
    今回もフルボイスではありません。

    ◆イベント
    前作よりもサブイベントが増えています。
    メンバー同士のやり取りは、毎度ながら面白いです。

    新たに「対立イベント」が追加されました。
    アンサンブル練習中に、曲の解釈でキャラクター同士が対立します。
    これが発生すると、しばらくはアンサンブル練習が出来なくなりますが、和解すると完成度がアップします。
    ケースによってはくだらないことで対立するので、渇いた笑いが漏れました。

    ◆難易度
    前作よりも、難易度がかなり下がっています。
    当作は行動する数が決まっていますが、時間を気にする必要がないので、バタバタすることはありません。
    ライバル度を気にしなくていいので、親密度を上げればOKです。
    ただ、ゲーム難易度が三つあって、「難しい」と「優しい」or「ふつう」を共にクリアしないとコンプ出来ません。
    イベントコンプが面倒ですが、恋愛EDは攻略ヒントを参考にしなくても簡単に見られます。
    特に王崎先輩は、選択肢を間違わなければコンプが可能です。

    ◆糖度
    前作はライバルという点を重く置いていたので、糖度はゼロに近かったです。
    当作は同じ目標を達成させる仲間になったので、最初からフレンドリーになっています。
    ワルツを踊るシーンのような乙女ゲームらしいスチルも発生しています。

  • 加地葵/吉羅暁彦

  • ゲームバランスも1より難易度低くなってプレイしやすく、
    イベントなども豊富で何周しても新しい発見がある。
    コルダやるならここから薦めるなー。神ゲー!

  • 金色のコルダは乙女ゲームの中でも、さすがのコーエー。
    選択肢を間違えなければ、エンディングに辿り着けるのとは違い、主人公を育てる育成要素も盛り沢山だから、時間もかかるけれど面白い。1に続き2も新キャラに宮野さんを起用してくるあたりも高評価。

  • 無印で、誰も攻略しなかったあと迎える二学期のお話しで、前作より難易度は格段に下がり(難しいにしたらかなり育成バタバタしますが。) 恋愛の甘さが上がってみす。
    バランス的には、いい感じかな?
    主人公と攻略キャラの関係もすっきりするし。
    無印では、主人公が好きなのか、主人公の奏でる音楽が好きなのか、いまいち分かりにくいEDだったけど。
    どのキャラも、連鎖のストーリーがお気に入りです。
    けど、今やるなら、PSPのがいいかな?

  • 金コルシリーズ大好きだー!!
    今回もかなりやり込みました///前作以上のハマりぶり。
    加地くん登場に悶えました…イイです!
    一途なキャラっていいですね、イベントもたまりません。
    この作品は好きキャラが盛りだくさんで一番が選べません…///

  • 良かったです。
    新キャラの加地君を加えて曲もイベントも素敵でした。

    いや…本当にまも好き絶頂期な頃でした(今は?w

  • 【内容】
     学内セレクションも終わった2学期。突如普通科と音楽科が分かれる話が持ち上がり!?

    【感想】
     新たに攻略キャラ「加地葵」が加わった2学期。イベントが少なくなり1よりも断然難易度が下がりました。ホントありがとう。吉羅理事長はなんで攻略できないんだよと発売当時は怒りましたが、fで攻略キャラに格上げされたので許すことにします。
     新キャラの加地君は、「香穂子の前にいなければ文句なしのイケメン、香穂子の前ではただのストーカー」です。別名ストーカー国のストーカー王子。マンガ版にも登場しましたが、こいつの初登場シーンは思わず読んでいた雑誌をぶん投げました。
     個人的に柚木連鎖ルートの火原が好きです(ぇ)

  • CMで加地くん(というか宮野さん)に惚れました。
    前作と変わらず柚木先輩が好きです。
    加地くんも好きです。
    冬海ちゃんを抱きしめたいです。
    理事長にもときめきました。

    とりあえずみんな好きです。

  • 前作と同じキャラなので、飽きてしまう。続編はもういいかなって思いました。難易度は低くなり、恋愛は糖度上ったので乙女ゲーとしては正解なのかも。私的には、やりこみ要素もないので繰り返しプレイするのに疲れました。正直どのキャラのイベントも余り印象にない・・・(汗)アンサンブルは新鮮だと思ったのも最初のコンサートまで、あとは惰性に近い。新キャラの加持は『主人公好き~!!』ってアピール状態なので、落とし甲斐もなくガッカリです。

全64件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

金色のコルダ2を本棚に「プレイしている」で登録しているひと

金色のコルダ2を本棚に「プレイし終わった」で登録しているひと

ツイートする