アンフェア the special 「コード・ブレーキング ~暗号解読」 [DVD]

  • 140人登録
  • 3.32評価
    • (7)
    • (26)
    • (55)
    • (7)
    • (1)
  • 28レビュー
出演 : 篠原涼子  瑛太  阿部サダヲ  濱田マリ  加藤雅也 
制作 : 秦建日子  佐藤嗣麻子 
  • ポニーキャニオン (2011年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013275942

アンフェア the special 「コード・ブレーキング ~暗号解読」 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 雪平が可哀想になるくらい、次々と裏切るね・・・。
    ストーリーとしても最高。

  • TVシリーズのすぐ後のやつかな?
    主人公がかわいそうになってくる話
    そして、このあと病院ジャックにつながるのかと思うと、切ないね

  • 「アンフェア」レギュラー版最終話での安藤の死から9ヵ月後の出来事です。

    警察OBが自殺しているのが発見され、捜査一課は事件性が無いと考えた。
    しかし雪平は、以前に4人の警察OBが自殺している状況に違和感を覚え、他殺の線を疑い始めるが…といったお話。

    レギュラー版同様に高い水準の仕上がりで、次回作「アンフェア the movie」に続いていきます。
    よかったらチェックしてみて下さいな♪

  • 原作とはもうかけ離れてるのでなんだけど、意外性を出したい感がヒシヒシと伝わってきて、逆にすぐに流れが読めてがっかりだった。

    ストーリーは★2だけど篠原涼子がかわゆかったので★3!

  • これはドラマ全11話を観てからが前提条件ですね。

    全体のストーリーではなくて、
    端々にみられる安藤を想う心がとても切なく・・感情移入してしまいました。

  • ドラマ版のつづき。

    美央もしゃべれるようになって。
    けど夏見は相変わらず家にはあまり帰ってこなくて
    縦笛の授業参観に両親二人で来てもらおうと思っていた。
    が、またも事件が起こる。

    美央と夏美の授業参観までのところまでは描きが薄くなっちゃったな。

  • 「after X comes Y」-Xの後には、Yが来る-
    雪平の相棒である安藤の死から9ヶ月後、警察OBが高級スイートルームで自殺しているのが発見された。捜査一課は証拠不十分なために事件性が無いと考えられたが、これ以前に4人の警察OBが自殺している状況に疑問を覚え、雪平は他殺の線を疑い始める。
    その頃、雪平は一人飲み屋で飲んで居た所を、警視庁公安部の捜査が入り、警察に拘束されてしまう。雪平は、公安部へと異動となり、「公安内部の情報」を捜査一課にスパイする事を命じられる。

  • 連ドラ、スペシャル、映画、映画②
    と順に観進める予定のうちの第二ピリオド。

    “彼”は、連ドラの部分からずっと、“怪しい”と想っていたので・・・。やっぱりな、という感想。

    この後劇場版へ続くのだろう、と期待させる終わり方は、まあ◎。

    ★3つ、7ポイント半。
    2012.夏の終わり頃。


    。。。そういえば、今度また劇場版が上映されるとか?
    「The final」だっけ???

    ・・・数年前の劇場番②って、やっぱり謎を残したまま終わったのだったっけ?覚えていない(苦笑)。
    ・・・てか、↑の予定通りに最後まで観終えてたのだったっけ?

    レンタルされて、気が向いたなら、↑の点を確認した上で一応観てみるかも。

    2015.08.21.追記

  • TVはおもしろかったけど、スペシャル版はいまいち。ネタ切れ感とつぎはぎ感満載。篠原涼子の演技が大げさ。。。残念だ。

  • 映画版への単なるツナギなんかな~。

全28件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アンフェア the special 「コード・ブレーキング ~暗号解読」 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

アンフェア the special 「コード・ブレーキング ~暗号解読」 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

アンフェア the special 「コード・ブレーキング ~暗号解読」 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする