ゾディアック [DVD]

  • 41人登録
  • 2.87評価
    • (0)
    • (4)
    • (14)
    • (3)
    • (2)
  • 7レビュー
監督 : アレクサンダー・バークレー 
出演 : ジャスティン・チャンバース  ロビン・タネイ  ロリー・カルキン  フィリップ・ベイカー・ホール 
制作 : アレクサンダー・バークレー  ケリー・バークレー 
  • ジェネオン エンタテインメント (2007年6月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102357733

ゾディアック [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • かの有名なゾディアック事件が元の映画です。
    知らずに見るか知ってて見るかでも感想は変わるかなと思います。
    やっぱり最後は後味悪かったですね。後味悪いっていうより主役の警察官の家庭の描かれ方も半端というかちょっと面白みに欠ける部分もありました。ゾディアックに対するというよりその家庭に対する後味悪さのが大きかったかも。
    事件について詳しく知りたい人はWikiとかで調べると出てきますよ。

  • 観終わった後に、あれ?どこでロバートダウニーJr.が出てたんだ??と思いつつ何度もリプレイしたものの彼は登場せず。それもそのはづ、同タイトルの別映画(劇場未公開版)を借りていたのか。

    それはさておき、暗号の謎解きについて深くは触れていなかったもののゾディアックの恐ろしさは充分に伝わる作品だった。

    推測だけれど警察が無能だという訴えではなく、自分の知能の高さや残忍性を伝え恐怖を与えたかったのだと思う。そしてそれは今になっても語り継がれるほどの効果があった。

    わたしはこの作品でゾディアック事件を知ることになったけれど、10年後に終息を迎えた意味やFBIの力は借りられなかったのかなど事件自体にいくつか気になる点がある。けれど未だ未解決というのだからそう簡単な暗号ではないのだろうと思う。

    映画の最後に「最後に“わたしの映画を作ってほしい”」と書かれてあったらしく、30年以上経った今も映画やメディアで取り上げられている。完全に顔の見えない殺人鬼に翻弄されている恐ろしい事件だ。

  • これ、途中で止めたんです(笑)
    本当にあった連続殺人事件のやつなんですけど、もうちょっと映像の流れにメリハリをつけないといけなかったような。
    知っていただけに余計退屈すぎたので、途中で止めました。
    しかも昼ご飯を食べながらだったので、死体の写真が出てきた時は吹きました(笑)
    あれ、本物の死体の写真じゃないですかねえ。作り物にしちゃ妙に生々しかったですし、本物の写真を見た事があるんで、ぎょっとしました。いや、まあどっちでもいいですけどとにかくグロイです。
    相当グロイので、観ない方が良いですよ>死体写真

    模倣犯の方を扱った作品です。模倣犯の犯人の髪型、変でちょっと笑えました(汗)

  • 私の素敵な映画を待っている。


    内容がダラダラ長い

  • 恐かった。

    不思議な映画ですね。
    終わった後も色々考えてしまうー

    実話を元にしているというのが、すごい。
    真相は闇の中。

  • 初めはノンフィクションということを知らずに見たものだから、どんな低俗な殺戮映画だろう、の程度の興味だった。
    展開は遅く、そしてひどく長い映画なので序盤で眠気に襲われて一度はみるのをやめてしまった。

    けれどそれが現実に起こった事件だと知って、未解決(犯人は捕まっていない)と知って、どう終わるのかすごく興味が沸いた。

    終わりには、一応満足。
    未解決の事件にしては、すっきり終わった。

全7件中 1 - 7件を表示

ゾディアック [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする