硫黄島からの手紙 期間限定版 [DVD]

  • 189人登録
  • 3.30評価
    • (8)
    • (15)
    • (51)
    • (7)
    • (0)
  • 20レビュー
監督 : クリント・イーストウッド 
出演 : 渡辺謙  二宮和也  伊原剛志  加瀬亮  中村獅童 
制作 : クリント・イーストウッド  スティーブン・スピルバーグ  アイリス・ヤマシタ 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2007年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135701787

硫黄島からの手紙 期間限定版 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 請求記号:07D146(館内視聴のみ)

  • ちょっと色々と歴史を調べようと思って観ました。

    硫黄島を舞台に、第二次世界大戦のことが描かれてます。

    せんそうでの出来事は実際はものすごくひさんだったと思うけど、映画でこんな様子だったんだよっていう事が知れたので良かったです。

  • 配置場所:摂枚視聴覚
    請求記号:S778.7||E
    資料ID:50700878

  • 嬉しくもないのに「万歳!」とか言うの嫌だなと思った

  • 2006年 アメリカ

    二宮君目当てで初鑑賞
    この手の日本の戦争映画というのは初めてだったけれど
    比較的見易かったのはイーストウッド監督のおかげか自分の年齢が追いついたからなのか

    加瀬君が良いポジションでした

  • 硫黄島の戦い(デタッチメント作戦:Operation Detachment)を日米双方の視点から描いた「硫黄島プロジェクト」の日本側視点の作品。

    アメリカ側視点の作品は、『父親たちの星条旗』(Flags of Our Fathers)。

    ≪硫黄島からの手紙(Letters from Iwo Jima) 賞歴≫

    ナショナル・ボード・オブ・レビュー (NBR)…最優秀作品賞

    第32回ロサンゼルス映画批評家協会賞…最優秀作品賞

    アメリカ映画協会賞…作品賞トップ10

    サウスイースタン映画批評家協会賞…作品賞第2位

    ダラスフォートワース映画批評家協会賞…最優秀外国語映画賞 、作品賞第6位

    サンディエゴ映画批評家協会賞…最優秀作品賞 、最優秀監督賞

    ラスベガス映画批評家協会賞…作品賞トップ10

    フェニックス映画批評家協会賞…最優秀外国語映画賞 、作品賞トップ10

    シカゴ映画批評家協会賞…最優秀外国語映画賞

    AFI(アメリカ映画協会)…特別賞

    ユタ映画批評家協会賞…最優秀外国語映画賞

    カンザスシティ映画批評家協会賞…最優秀外国語映画賞

    全米映画批評家協会賞…作品賞第3位

    第12回放送映画批評家協会賞…最優秀外国語映画賞

    ノーステキサス映画批評家協会賞…最優秀外国語映画賞

    キネマ旬報ベスト・テン…外国映画第2位

    第64回ゴールデングローブ賞…最優秀外国語映画賞

    第79回アカデミー賞…音響編集賞

    2006年日本インターネット映画大賞…外国映画作品賞、監督賞

    第31回日本アカデミー賞…最優秀外国映画賞

    実現するのが困難な難しい企画を、よくぞ、撮り切った、という意味で、評価できる、とは思う。

    ただ、やはり、丸々と太った、日本軍の軍人には、リアリティを感じることができなかった。

    また、実名で登場したのは、4人。

    渡辺謙:栗林忠道陸軍中将(陸軍大将)、伊原剛志:西竹一陸軍中佐(陸軍大佐)、渡辺広:藤田正喜陸軍中尉(栗林の副官)、長土居政史:市丸利之助海軍少将(海軍中将)。

    他の指揮官は、架空の人物になっている点も、いまいち。

    江頭2:50の評価は、6.5だった。
    評価を下げた理由は、小笠原兵団が、玉砕に追い込まれていくに至る、戦局を時系列的に、表示していない点が、わかりにくいため、ということだった。

    このような、わかりにくさを生む原因のひとつに、主要な指揮官を架空の人物として描いている、という点があろう。

    硫黄島の戦いで、何があったのか、を知りたい方は、別のドキュメンタリー作品や、硫黄島関連の書籍を読む方が、よいだろう。

    あくまで、映像作品として、鑑賞することを、お薦めしたい。

  • サイパン、知覧、富良野などを舞台とした作品です。

  • 戦争映画以上のホラー映画はないと思った。
    父親たちの星条旗もみたい!
    渡辺謙と伊原剛志が最高にいい役

  • 戦争のシーンにはリアリティーを感じるし、やっぱ心が痛む。

    映画の作りはすごくいいと思う。それにこういう映画って絶対必要だと思う。

    …しかし序盤から二宮とかいうアイドルの演技に幻滅。こんなんなら俳優を使ってくれよって感じ。なんじゃこりゃ。

    もったいない映画という印象になっちゃった。

  • 栗林中将やバロン西はじめ日本兵を優しい眼で描いた映画で、
    クリント・イーストウッドは硫黄島で亡くなった日本兵たちに
    敬意を持ってこの映画を描いたことを感じました。

    日本の監督なら黒澤、そうでなければ自分が監督、と
    した気持ちはよくわかります。
    とても美しくて丁寧に作られた格調高い映像でした。

    戦争はいくら美談がたくさんあっても
    日本には起こらないで欲しいと思います。

    硫黄島で亡くなった方たちの数百通の手紙が2006年に
    発見されてよかったです。
    遺骨、遺品も遺族が生きている間に
    一日も早く遺族の元に届けられますようにと
    心から願います。

全20件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

硫黄島からの手紙 期間限定版 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

硫黄島からの手紙 期間限定版 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

硫黄島からの手紙 期間限定版 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする