トゥモロー・ネバー・ダイ (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]

  • 91人登録
  • 3.39評価
    • (3)
    • (19)
    • (19)
    • (3)
    • (2)
  • 12レビュー
監督 : ロジャー・スポティスウッド 
出演 : ピアーズ・ブロスナン  ジョナサン・プライス  ミシェル・ヨー  テリー・ハッチャー 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2011年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142544025

トゥモロー・ネバー・ダイ (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 遠隔操作式ボンドカーのカーチェイスが楽しかった~!他にも垂れ幕を使った脱出劇の演出とか、中国製トラップとか、全体的にわくわくする仕掛けがいっぱい。敵も結構サイコで笑えます。時間が短いこともあってか、ゆるりと楽しめました。

  • 現代的で、とてもよかった。
    でも、敵さん少しあらが見つかりやすすぎやしませんか。
    でもアクションはいいし、ジョークもギミックもとってもいい。

  • アメリカとロシア という対抗軸から
    国として 注目せざるをえないのは 中国。
    しかし、中国は 野望を持ちながらも、
    まだ 大きな存在ではない。

    メディア王が 悪として 存在して、
    ニュースを 自らつくりあげて行く というコンセプトは
    おもしろい設定でもある。
    ニュースは 儲かるのである。

    中国の領域内に イギリス海軍フリゲートが
    はいってしまうようにしかけた。
    メディア王のステルス艦船は 巧みに 
    そのフリゲートに魚雷を仕掛ける。
    中国のミグによるもののように偽装する。
    そして、ミグさえも ミサイルで 落とす。

    イギリスと中国の戦争がまさに始まろうとする
    時に、007 ジェームスボンド/ブロスナンは、
    メディア王のたくらみを 調査し、中止させようとする。

    もっと、中国側の動きが 欲しかったなぁ。
    諜報員だけでは 無理があるのだが。

    ストーリーとしては、結構楽しめる。
    やはり、スケールが 大きいが、
    諜報員が働ける場所は 小さくなっているような気もする。

  • 敵が現代的になって、愛銃もPPKからP99に更新されて新世代ボンドが
    確立したと思える作品。
    トンデモ兵器とアクションの融合も上手く見応え充分。

  • ピアース・ブロスナン主演の007シリーズだったら多分これが1番好きかもしれない。
    アクションシーンが多めで、良いタイミングでテーマ曲を格好良く流してくれていたので大満足でした。特にバイクのアクションシーンが素敵でした。

  • 007も期待を裏切らず、安心して楽しめる映画。

  • 悪くはなかったけどワールド・イズ・ノット・イナフの方が面白かったかな。簡単にミサイル発射のボタンを押したり、情報操作するにしても簡単に足が付いたりして壮大なる軽率な行動が目に余るのでリアリティはない。

  • アーサー・ボンドとにーにとすると、メリカが悪役に

  • 実は手持ちのDVDはこのリマスター版ではなくて98年当時発売の初期版なんですが(苦笑)、画像をこの本棚に入れたくて、こちらに。
    ディスク枚数と収録時間は同じなので、まぁ良しとしましょう。

    で、テレビではブロスナン・ボンド=秀幸さんの図式ですが、神谷明バージョンが聞いてみたくて、わざわざ中古でDVD探しました。

    結果。
    神谷ボイスのボンド…というかブロスナン、良かったです。なんでDVDシリーズ全部神谷バージョンにしなかったんだろうか。

    安いDVDって声優さんの名前が四人しか書いていないから、他にも聞いた覚えのある声がちらほら…わ、判らなくてもやもやします。

全12件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

トゥモロー・ネバー・ダイ (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

トゥモロー・ネバー・ダイ (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

トゥモロー・ネバー・ダイ (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする