仮面ライダー電王 VOL.1 [DVD]

  • 393人登録
  • 3.87評価
    • (104)
    • (31)
    • (136)
    • (2)
    • (0)
  • 55レビュー
監督 : 田崎竜太  長石多可男 
出演 : 特撮(映像)  佐藤健  白鳥百合子  松本若菜  永田彬 
制作 : 石ノ森章太郎 
  • 東映ビデオ (2007年8月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988101130689

仮面ライダー電王 VOL.1 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この仮面ライダーはいつもと違う?

    老若男女問わず楽しめる仮面ライダーがこれ!
    いや、言い過ぎました。さすがに[老]は対象外かもしれません。
    が、しかし!!
    仮面ライダーをリアルタイムで観ていた紳士にはヒーローの格好いい姿を!世の女性方にはイケメン俳優を取り揃えてますし、もちろん男性向けに魅力的な女優の方も出演しております。
    まだまだそれだけじゃないのが今回の仮面ライダー!
    なんとアニメ好きな皆様にも朗報!声優さんも登場しちゃってます!(当然声だけですがとにかく豪華!)
    そして、笑えて泣けて興奮できるストーリーが加わってお薦めの作品が出来上がってます。

    ヒーローなんて卒業した!男の子の観るもの!なんて偏見は捨てましょう!

  • レンタル。
    レンタルで借りたからディスクに傷がついていたらしく映像に乱れが…。
    地上波では途中からしか見てなかったので最初があんなに弱々しいとは…。
    面白かった。

  • CATVでやってたのを観賞。地上波放映時(2007年)にもちょいちょい観てた。

    (32話まで見ての感想やメモ)
    ・満島ひかり、ムロツヨシが出てる
    ・最初にキンタロスが憑依する男性の俳優さん、仮面ライダードライブで出てたな…。
    ・32話、侑斗のことを愛理がおもいだしそうになるシーンはかなり切ない。あれだよね、織姫(ベガ)と彦星(アルタイル)みたいなもんだよね。デネブも加われば夏の大三角形だものね。そういえばアルタイルフォーム、牛がモチーフになってるのはアルタイル=牽牛星だからか。そうか。
    ・ゼロノス=ゼロ(0)+クロノス(時を司る神)という意見をネットで見かけて、ああ、なるほど。
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1020469155
    ・ミルクディッパー(愛理さんのお店)=南斗六星か
    ・声優オタとしてもうれしい作品

    (最終話まで見てからの感想)
    ・未来を守るために、産まれてくる赤ちゃんのことを忘れる、ってすごいなと思った
    ・最後は胸熱。ウルッときてしまった。
    ・カイの俳優の人、ウルトラマンオーブだ!
    ・デネブみたいなオカンになりたい

  • 2007年1月~2008年1月までテレビ朝日系にて放送された特撮テレビドラマ。平成仮面ライダーシリーズ8作目。

    2007年、時間を改編を企てる侵略者・イマジンが現れる。イマジンは憑依した人間との間に“契約”を結ぶことで手段を選ばず、強引に望みにまつわる過去の記憶を呼び覚ましその人間の過去へ飛び、破壊行動を行うことで時間を改変してしまう。それを阻止するためにイマジンと戦うのが、仮面ライダー電王こと野上良太郎だ。未来からやってきたという女性・ハナが見出した特異点である良太郎はひ弱で運もなく、頼りがいのないヒーロー。良太郎はモモタロス、ウラタロス、リュウタロス、キンタロスらイマジンと手を組み、電王へ変身しイマジンから人々を救う。そんな彼の前に同じくイマジンの行為を阻止する、仮面ライダーゼロノスこと桜井侑斗と名乗る青年が現れる。彼もまたデネブというイマジンとともに戦っているのだ。良太郎の姉・愛理の失踪した婚約者と同じ名前であるこの青年には全ての事件の根幹に関わる秘密があるようで・・・

    この作品は平成仮面ライダーシリーズのなかで最も有名で幅広く知られている作品であるだろう。主演は今や人気俳優の佐藤健。
    さらに一切人が殺されることも死ぬこともなく、主人公と一緒に戦う
    個性豊かなイマジンたち、そしてカラフルなデザインの玩具など幼い子供たちも楽しめる要素が盛りだくさん。けれどストーリーの切なさは大人をも魅了する。本当に親子で見れる特撮だと思う。特にこの作品のキーマンである桜井侑斗が登場後のストーリー展開は必見。ある意味彼が主役と言えるような物語だろう。
    個人的に愛理さんと侑斗(どちらも)のシーンはこの作品一番のお気に入り。
    そしてこの作品の要だろう。また主人公の良太郎は今までにない弱いヒーロー像として描かれるが、彼もまた成長をしていくので最初の頃と比較するのも面白い。
    でも、実は良太郎は自分が思っているより強いと思う。本編見ると大事なところではその彼の本当の強さがとても光るのでそこも見どころ。
    何度も言うけど、本当に切ない。でもそれが良い。
    というか電王の真のヒロインは愛理さんじゃないかな。

  • テレ朝チャンネル→hulu HD。

    時空を行き来出来る乗り物、未来人の助けで強くなるのび太キャラの主人公。
    「ドラえもん」か!(ターミネーター要素もあり)
    憑依型ヒーローという意味ではジョジョぽくもある。

    デンライナーオーナーは「世界の車窓から」の人だ。

    二号ライダーが戦闘で何かを失うという欠点を抱えているのが好き。
    スペシャルワンの良太郎と対比構造になっていていいなと思う。(ギャグぽいシーンは控えめでも良かったけど、響鬼の二の舞は嫌だからこれでいいのか・・・悩)

    コハナの正体ばらしが唐突すぎる感は否めず。コハナが狙われるドキドキ感がもう少しあっても良かったな。
    消えて行くヒーローみたいな雰囲気は悲しくて良かった。
    主人公が最後まで自立しないシリーズだったけど、響鬼、カブトともに好きだ。

  • 33まで

  • きっと一生忘れられない作品だと思う。

  • 1話 俺、参上!
    2話 ライド・オン・タイム
    3話 アウトロー・モモタロー
    4話 鬼は外! 僕はマジ
    まで収録。

    特撮自体にさほど興味もなければ、子供や幼い弟妹がいるわけでもない自分に
    放映当時友人から大絶賛でお勧めされて見て
    滅茶苦茶はまってしまったもの。

    懐かしくて今少しずつ見返している。

    勿論きちんと子供向けということが大前提にあり
    かつ、大人でも楽しめてしまうところがすごいし
    スーツアクターさん、声優さんのファンとしても楽しめる。
    健くんの演技力が半端なく素晴らしく
    4話までだけでも2役こなさなければならないというシビアさなのに
    よくぞこの若さでやり遂げたと思うし
    周りを固める各分野の役者陣もすごかったのだと思う。

    わけのわからないまま巻き込まれる主人公と一緒に
    視聴者もわけもわからず見入ってしまう1話、
    徐々に説明がされる2話、
    戸惑いながらも戦うことを決意する良太郎の活躍と
    その頑固なところ、
    この一連の脚本の流れも素晴らしいと思う。
    きっちり脇役の姉や喫茶店の常連客も織り込まれていて
    思わず声に出して笑ってしまうところも多く
    とてもよくできたお話だと思う。

  • 次の停車駅は、過去か?未来か?

  • モモタロス良い

全55件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
日丸屋 秀和
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

仮面ライダー電王 VOL.1 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

仮面ライダー電王 VOL.1 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

仮面ライダー電王 VOL.1 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする