妖怪大戦争 廉価(期間限定) [DVD]

  • 83人登録
  • 2.84評価
    • (2)
    • (3)
    • (26)
    • (12)
    • (1)
  • 15レビュー
監督 : 三池崇史 
出演 : 神木隆之介  宮迫博之  高橋真唯  岡村隆史  栗山千明 
制作 : 三池崇史 
  • 角川映画 (2007年7月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111283603

妖怪大戦争 廉価(期間限定) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • しっかりしたできで、妖怪もいっぱい出るし結構楽しめます。

  • テレビで見ました。
    岡村の小豆洗いと井上淳哉の妖怪デザイン目当て。
    リメイク作品らしいのですが、元は知りません。


    どれが井上先生のデザインかなんて覚えちゃいないけど、
    スネコスリは確か井上先生だったはず…
    そのスネコスリがかなり出番の多いマスコットキャラクターなので
    それだけで嬉しくなった。
    登場したばかりの時は、ちょっと挙動に違和感あったけど、
    すぐに馴染んで可愛らしいマスコットと思えたし。

    そしてスネコスリと主人公を戦わせちゃいけない!
    と、心底強く思った、そこまで入り込めた時点でこの映画の勝ちかなー、
    という気も。


    主人公があの衣装になるのが、覚醒して変身したとかじゃなく、
    ただ単に「形から入る」的な理由だったのが驚いた。
    というか、そういうスカシ具合というか、
    おでんのごぼうのくだりとか、クライマックスとか、
    良く分からないセンスが随所に盛り込まれてる。
    それが「三池崇史だからきっと納得なんだろうなー」
    と思わせる三池のネームバリュー、と言ったところか。


    チョイ役と思われた小豆洗いの出番が思ったよりずっとあり、
    しかもただ小豆洗ってるだけなのに重要な役割だったのも驚いた!
    これも俺得。

    しかしクライマックスは…すげーなーって驚きはしたものの、
    主人公がラスボスを倒す的なオーソドックスな内容でも良かった気もするし…
    ていうかラスボスがボソボソボイスすぎて、重要な所が何言ってるのか
    わかんないんだけどw
    結局何をしたかったのか良く分かんなかったし。


    女性陣のエロさは絶妙だったなー。
    もし特撮エロというジャンルがあるなら、
    そういう所を上手くついてるなー、と思うのですが、どうなんでしょ?


    妖怪が大集合した絵は圧巻だったけど、
    クライマックスがあれじゃあ、大戦争感は薄いよなー。
    東京にやって来た感ももっと欲しかったかも。
    ちょっとサクラ大戦を連想させたw
    敵のスクラップ軍団はカッコいいなーと思えた。


    観終わると、誰がどの役やってるとか、役者陣が気になるし、
    改めて井上先生の担当妖怪が気になる
    =パンフレットが欲しくなるわけで、
    こうやって後引く感じは点数以上の評価があるのかもしれない。

  • 太腿
    ごぼう
    あずき

    清志郎

    あっ
    岡村隆史だったのか!


    こまっと笑えたりたまにいいこと言ったりしてたけど
    124分は長い。

    栗山千明はキワモノ役のほうがしっくりくる。



    (2005)

  • 途中から急に雰囲気変わってびっくり
    神木くんの可愛さを後世に伝えるための映画

  • 鳥取などを舞台とした作品です。

  •  ひ弱な少年がひょんなことから選ばれし者となって、妖怪たちを助けるために巨悪に立ち向かうという王道的ストーリー。とはいえ、全体的にコメディタッチで描かれています。っていうかコメディ映画です。熱いストーリーとか期待すると裏切られちゃうZE☆

     よくもまあこれだけの王道を詰め込んだなっていうくらいにわかりやすいです。ストーリー展開もさることながら「あ、ここで笑わせているな」というのもわかりやすい。何も考えずに楽しむことができます。伝えたいことがハッキリしているっていいですね!

     それからキャストが豪華、というのも宣伝文句として謳われていたかと記憶しています。下に挙げた方々のほかにも岡村隆史さんや宮迫博之さん、菅原文太さん、忌野清志郎さん……などなど枚挙に暇なし! チョイ役ですら見過ごせない!
     まあ、多くの方は妖怪役ということで、特殊メイクを施しているんですがね。途中まで阿部さんがどれだかわからなかったよ・・・。そんななか、雨上がり決死隊の蛍原さんは妖怪役にも関わらず、特殊メイクなし! ……いいのか、それ(笑)。

     スタッフの中には水木しげるさんの名前もあり(ちゅーか出演しているんですけどね)、『ゲゲゲの鬼太郎』の世界観ともリンクしてそうな雰囲気をかもし出しています。ギャグですけど。


    【監督】三池崇史
    【出演】神木隆之介、高橋真唯、栗山千明 、豊川悦司、阿部サダヲ 他
    【制作国】日本
    【制作年】2005年

  •  こ・こんなにシュールでいいのか・・・?
     独特の緩いノリが大人向けの映画。 最期のシュールすぎるオチに、子供は耐え切れるのだろうか・・・・。

     物語の根底に「物を大切に」というメッセージがあり、そもそも妖怪自体が、そのメッセージを伝えるための存在であったことに気づかされる。
     妖怪は、様々な教訓と共に存在している。 それは、日本のひとつの宗教ともいえる。
     「復讐は人間の証。私はそこまで汚れたくない!」「戦争は良くない。腹が減るだけだ。」など、この映画で妖怪が直接発する教訓も、きっと妖怪の平和的な存在そのものに込められていたメッセージに違いない。
     妖怪が見えていた頃を忘れて、ゴミを捨てるラストが少しさみしい。

     主演の神木隆之介の驚きリアクションが面白い。 「おぉ~」や「おおおぉ・・・」を表現させたらピカ一の役者。 つぶやき演技もうまい!

  • 各キャラ・配役が魅力的な作品。神木隆之介演じる主人公がごく自然であるのも良い感じ。岡村の目立たずとも変に目がいってしまう小豆洗い、栗山千明の美しくもキツイ敵役。そして、冷たい演技が光る豊川悦司が見せる最後の最後での… 話もこの手のものにしてはまとも。

  • 復讐なんかしないと叫んだ川姫に、涙が止まりませんでした

  • 地元!

    水木先生や京極さんだけあって、
    妖怪は良いですw
    スネコスリはかわいい!

    しかしラストはあれでいいんでしょうか・・・。

全15件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

妖怪大戦争 廉価(期間限定) [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

妖怪大戦争 廉価(期間限定) [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

妖怪大戦争 廉価(期間限定) [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

妖怪大戦争 廉価(期間限定) [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする