ロード・キラー 特別編 [DVD]

  • 23人登録
  • 3.62評価
    • (0)
    • (8)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
出演 : スティーブ・ザーン 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2007年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142547422

ロード・キラー 特別編 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『ほんの悪ふざけが呼んだ悪夢の旅。追われる恐怖がハイウェイを加速する。』

    正体の分からぬ相手に命を狙われ、追われる恐怖感と緊迫感は終始続く。
    退屈しないストーリー展開だが、ちょっとグロイシーンがチラホラ…。
    ホラーやサスペンスで女性が主役の場合、たいていの場合が強く美しい。
    この主人公も精神的にとっても強い。
    また無線を使っての指示、ゲームを楽しむかのような殺人鬼、どんな指示でも従わざる得ない状況に、手に汗握る展開がまっている。
    怖い!!

  • 制作年:2001年
    監 督:ジョン・ダール
    主 演:ポール・ウォーカー、リリー・ソビエスキー、スティーブ・ザーン、ジム・ビーヴァー


    深夜、モーテルの17号室から男が消えた。
    翌朝、男はハイウェイで無惨な姿で発見された。
    その頃、フラーとルイスはコロラドに向かい、ガールフレンド・ヴェナを拾った。
    3人でちょっとした冒険旅行を楽しむつもりだったが、ルイスのCB無線が声をキャッチした瞬間から悪夢が始まった。
    「女は俺のものだ」その人物こそモーテル事件の犯人だった。
    正体不明、神出鬼没の殺人鬼ロードキラーの標的として狙われた3人。
    ハイウェイは地獄と化し、逃げても逃げても絶体絶命の地獄巡りがはじまった!

  • 【俺にはただの悪ふざけだ】
    様々な恐怖心をあおる演出にドキドキする。
    本当にストーカーというか、追われる恐怖に慄く体験が出来てしまう臨場感があった。
    いやー、全然期待してなかったけど儲けモンだ。

    ヒロインのリリー・ソビエスキーは観た事があると思ったら、グラスハウスに出ていたようだ。ロシア系な感じ。

    何処までも追いかけてくる変態との攻防が一時終わったかと思うとまだまだ続く。
    どこまで続くのか、どうやって巻くのか映画に釘付けだ。
    コレは面白い。
    何度も観る映画じゃないけど、一回観たら忘れない映画かもしれない。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする