レストストップ デッドアヘッド [DVD]

  • 44人登録
  • 2.87評価
    • (1)
    • (7)
    • (5)
    • (8)
    • (2)
  • 8レビュー
監督 : ジョン・シャイバン 
出演 : ジェイミー・アレクサンダー  ジョーイ・メンディシーノ  ジョーイ・ローレンス  ニック・オレフィス 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2007年8月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135703705

レストストップ デッドアヘッド [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 間違いでレンタルして、2回みてしまった。2回観てもやっぱり怖い! グロイ! 指を噛み切るとか舌を切るとかまぢでありえないシーンがたくさん。 アメリカだったら、本当にこうゆう異常な犯人いそう。。

    結局主人公の女の子は、既に殺されていて、成仏できずに、幽霊になっても何度も追い続けられているんだと思った。
    どんな手を使っても 凶悪犯に勝つ手段はない。 警官が 適当に犯人を撃て撃てゆうから、弾の無駄遣い。もっと早い段階で銃を渡していれば、穴から覗いてきた時を狙って、目に1発くらわせれたかも。。 でも実は幽霊だから、どうもがいてもうまくいかないのか。
    主人公の女の子が恐がる演技とかがすごく上手だった。最後は、ハッピーエンドに見せかけて、実は、もう死んでいたってゆうくだりがよかったー。最後もダメージなしとか、無謀すぎる。

  • グロい…ただのスプラッターかと思いきやオカルトの要素も。でもまったく意味が不明。

  • 友だちん家泊まりに行って、ポップコーンモリモリ食べながらワーキャー言いながらみるための映画。伏線張りすぎて回収できぬまま終了した感が強し。

  • 期待したけどぜんぜんだめ
    この手のホラーは山ほどあります
    バッドエンドもみえみえ

    もっと展開を変えてほしかった

  • この映画に対する評価は分かれるだろうな・・・と思って検索したらやはりそうでした。というのも、この映画はアメリカン・ホラーではお約束の「因果関係」の説明がないからなんですね。たとえ原因が幽霊であっても、その幽霊がもとになって事件が起きるのだったらOKなのがアメリカの映画。一方、日本やスペインなどの映画は、「なぜこういうことが起きたのかきちんと説明はつかないのだが、だからこそ怖い」って感じなのですね。で、この映画はまさに非アメリカンな映画でありまして、最初は「悪魔のいけにえ」系統の「田舎にいる殺人鬼」という感じなのですがどうも途中から雲行きがおかしくなってくる。で、最後の最後に説明がつくのかなぁと思いきや、結局、説明は放りっぱなし。さあ、これが面白いと思うか、伏線が回収できていないと怒るかは趣味次第で、私は「これはこれでありだよね」と思う人なのです。かといって、日本のホラーのようなウェット感はどこにもないんですけれどもね。

    追記:途中で日本の三味線みたいな感じの音楽が入ってくるんですが、そういうふうに聞こえるのは気のせいだろうか?

  • 痛い。
    指を喰いちぎられる。舌を切られる。腿に電動ドリルで穴開けられる。

    怖い。
    死体は消える。不気味な小人。元通りの車。

    ホラーとオカルトの中間ぐらい

  • お勧め。ショッキング映像注意。
    王道っちゃ王道で展開が読める読める。それでも飽きないで通してみる事ができた。
    次はこうくるな?今度はこうだな?って楽しみ方。
    飽きのこない作り、緩急って大事。
    エンドロールもちゃんと見ましょう。
    安心のホラー。

全8件中 1 - 8件を表示

レストストップ デッドアヘッド [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

レストストップ デッドアヘッド [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

レストストップ デッドアヘッド [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

レストストップ デッドアヘッド [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする