ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド スペシャル・エディション [DVD]

  • 180人登録
  • 3.30評価
    • (11)
    • (15)
    • (51)
    • (9)
    • (1)
  • 31レビュー
監督 : キース・フルトン  ルイス・ペペ 
出演 : ハリー・トレッダウェイ.ルーク・トレッダウェイ.ブライアン・ディック.ショーン・ハリス.ケン・ラッセル 
  • 角川エンタテインメント (2007年8月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988126205256

ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド スペシャル・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こういうの、見たかった。


    DVDを見ていて、偶然コレの予告編に出会った。
    映像に釘づけ。
    予告を何回も見た。
    生まれて初めて。
    『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』
    題をメモった。
    絶対見なきゃ。直感。




    1975年イギリス。
    パンク・ムーヴメントの華やかな夜明けを告げるがごとく
    ロック・シーンに衝撃的なデビューを飾ったザ・バンバン。
    結合体双生児。
    父親は息子を売った。
    話題性を人は買った。
    美しく奇怪な二人を人は欲した。

    トムとバリーによる狂気のパフォーマンスと、不気味なほどの 美しいルックスが、好奇と嫌悪を熱狂に変え、 ザ・バンバンは一気にスターダムにのし上がる。
    新たなロックンロール神話が誕生した。
    しかし……。


    ドキュメンタリータッチで描かれる物語はとても生々しい。

    洋画にはあまり興味が無かったし、洋楽にも興味はない。


    そんなあたしがこの映画に一発で惹かれたその理由。

    双子が異常に恰好良い。
    美しすぎる!

    あたしはバリー派です。
    あの目に殺された。

    でも実はザックが1番好みだけれど。


    音楽もまた、最高。
    悲痛な叫び。
    パンクロック。

    ザ・バンバンってバンド名はダサいけどね笑



    映画の枠を越えた、鮮烈な作品だった。

  • ドキュメンタリー。ヒューマンドラマ。刺激的。

  • あんまり好きじゃない。

  • 4年ぐらい前に観たのを久しぶりに観たんですが、当時はドキュメンタリータッチの映画だと知らず、普通の再現映画を期待してたので、眠くなっていたのですが、今観たらものすごく面白い映画だった。

    "PUNK"が好きな人はおすすめです。日本で言うパンクじゃなくて。

    ものすごい哀しみを抱えてたり不安だったり怒りがあるから、こういう演奏ができる、と思う。
    映画の作り方そのものが、かなり良かった。

    でも事実はとても哀しい。ジョンライドンの最後の言葉みたいに。
    すごくうまく作られてると思います。

    にしても、いろいろ、良かった。

  • 頭は2つ、体は1つ。
    一瞬だけ輝いた双子の物語。

    70年代のブリティッシュロックを揺るがした伝説のバンド
    「ザ・バンバン」の結合体双生児
    トムとバリーの生涯を描いた作品。


    シャム双生児役の双子が
    キリアン・マーフィーばりの甘いマスクにグリーンアイで、やたらに魅惑的。
    「第三の胎児」の観念がすきでした。

    画面は基本ブレまくり。
    70年代のインテリアがかわいいです。
    色も灰を被せたみたいな、煙たくて重い色彩。
    あとはもうひたすらに、パンクミュージックとドラッグ。
    その中で最後まで微笑まない双子が、観ていて、ひどく痛々しい。

  • 最初はドキュメンタリーかと思わせるほどの始まりで映像もかなり工夫されていて、ロック好きなら見て面白いかも、すこしいかれている感じがものすごくでていて、後半になればなるほど体がつながっていることへの葛藤なども描かれていて、よかったと思う。

  • 結合体双生児のトムとバリー。2人は18歳の時、自立のためと父親に興行主のザックに売られる。ギターと歌を教えられ、やがて才能を発揮してスターになったバンド。繊細で物静かなトムと自身の繊細さを隠すように粗暴なバリー、二人は取材でやってきたローラに惹かれるが、ローラはトムと恋し、愛し合う二人の振動や状況に耐えられなくなったバリーはローラを嵌める。そしてドラッグに酒におぼれながら、特別なライブの夜、破局を迎える。

    ドキュメンタリータッチに関係者のインタビューを交えながら、という手法でとられた映画。怪しいまでに美しい色気と活気に溢れた二人の魅力、特異な関係性に巣食う感情が印象的...だけど、プロモーションから想像してたような明るい映画ではなく、不思議な気分になる映画だった。

  • 【ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド】70年代イギリス結合体双生児のロックバンドが世間をにぎわせていた…という設定の偽ドキュメンタリー。ロックファンや美少年好きな人は必見の個性的な作品。兄弟の美貌と音楽は良いが脚本にパンチが足りない。どこまで入り込めるかがカギ。55点

  • 双子の顔が美しい。それだけ。
    なんかもやもやしてしまうのは私がモキュメンタリー嫌いだからか。

  • 破滅的な兄弟が美しい。
    二人一緒だからこそ。

全31件中 1 - 10件を表示

ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド スペシャル・エディション [DVD]に関連する談話室の質問

ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド スペシャル・エディション [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド スペシャル・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド スペシャル・エディション [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする