毛皮のエロス~ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト~ [DVD]

  • 174人登録
  • 3.59評価
    • (19)
    • (26)
    • (37)
    • (5)
    • (3)
  • 42レビュー
監督 : スティーヴン・シャインバーグ 
出演 : ニコール・キッドマン.ロバート・ダウニーJr 
  • ギャガ・コミュニケーションズ (2011年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571147371569

毛皮のエロス~ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト~ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この監督の『セクレタリー』が大好きで次作にあたるこちらもずっと観たかったのですが、こっちのほうがちょっと難解だと思いました。

    まず、ニコール・キッドマンがため息が出るほど美しい。
    ちょっとロリータな体でワンピースを着こなす姿に目が離せなかった。ラストシーンの挑むような眼はぞくぞくした。
    ロバート・ダウニー・Jrは最初に顔の布を取ったとき、どんなお顔なのかなー、と思ったら...『スターウォーズ』のチューバッカじゃん!いやー全然許容範囲っすよー。チューバッカ好きだもん。(お前が拒否られるわっ)
    眼と口以外は毛で覆われているんだけど、みつめるだけでニコールを発情させてしまうという眼力(^^)

    表社会に出てない、人が目を背けるような、でも確実に‘ある’世界というのはなんでこんなに魅力的なんだろう、と思いました。

  • フェティッシュで蠱惑的、鏡の国のアリスのようなダークなメルヘンを思わせる映像美。

    なんとなく、サウデックの作品を思い起させる世界観だなぁと思った。ニコール・キッドマンの瞳の色〜ターコイズブルー〜エメラルドグリーン、そしてマゼンタ〜バーガンディーの組み合わせが素晴らしく魅惑的。

    『パフューム』的な美しいフェティッシュ映画だと思います。異形の者や死体の美しさに惹かれていくダイアンの気持ちにはひどく共感。

    タブーとされ蓋をされたものを「勇気を出して」開けてみること、「普通である」とは何なのか?戸惑いながらも、段々と自分を解放していくダイアンと、それに翻弄される家族たち^^;;ライオネルの紳士的で優雅なロマンチックさと、「普通」である序盤のファッション界の愚鈍で醜悪な人々との対比があってこそ成り立つ世界なのだろうけれど。

    「普通」とは見なされない者、異形の者たちの持つ、引き裂かれるような痛みが水面を漂うように微かに感じられる。儚く繊細で脆い。だからなおのこと、しばらくこの世界観に浸っていたくなるような、そんな映画だった。

  • 20世紀の女流写真家、ダイアン=アーバスへのオマージュ。

    夫の写真助手を勤めるダイアン。
    子どもの頃から厳粛に育てられた彼女、
    フリーキーな物事への興味を隠しながら育ってきた。
    近所に越して来たマスクを被ったライオネルに強い好奇心を抱き、
    次第に心惹かれてゆく.......といったストーリー。

    艶かしいシーンは控え気味だった様な気がするが、
    全体的にエロティックな空気感が終止あった気がする。
    やや「前衛的」と言えばいいのでしょうか?
    どことなく、ニコール=キッドマン演じるダイアンの出で立ちも、
    ロリータっぽいというか。髪型のせいでしょうか?

    ライオネルの住居の美術には驚かされる。
    風変わりなオブジェや壁面の塗装。
    まるで西洋からくりの様だ。

    兎に角、美術には息をのむ!!
    広告カメラマンの夫が写真撮るシーンもそうだし、
    当時のファッションを捉える事が出来るのも面白い。
    個人的に凄く好みだった。

    コアな部分まで偏愛を出していなかったのが、
    いい意味でも観やすかったかと思う。
    ストーリにあまり重みが感じられなかったが、
    演出と主演女優でいい具合にカバー出来ていると思う。

    考えてみたら、多毛症のライオネルを剃毛するシーンって
    かなりエロティックな行為だ。

    それにしても、冒頭部分からヌーディスト村のシーンだなんて、
    度肝をつかされた。

    大人向けのメルヘン映画です。

  • 映像の中の青色が、真珠の耳飾りの少女ばりに美しい。

  • フリークスや特殊趣向を持つ人物を撮り続け、自身も次第に心の均衡を崩し自殺をした女性カメラマン、ダイアン・アーバス。

    「良き娘、良き母、良き妻」という皮を被り続け鬱屈した人生を送り続けるダイアン。ある日アパートの上の階に、顔や体を異常なまでに隠した男が現れたことでダイアンの抑圧され続けていた倒錯的趣向が解放される。清楚だった衣装や化粧が男と逢瀬を重ねるにつれ華やかに、のちに淫靡さを漂わせていく過程は女性視点からはとても目の保養でした。

    多数のフリークスが登場するので苦手な方は注意。
    私は少し苦手でした。ダークファンタジー的な演出と、謎の男とダイアンのティーンのように初々しいくも苦い恋は女性なら好きな人は多そうです。私はダイアンの旦那さんや子供のことが気になってどうにも感情移入ができなかったです。ちょっと自分勝手すぎると思いました。でも人生をかけて自分の伝えたいものを発信し続ける人間とはこれぐらい身勝手でないと息切れしてしまうもの。ダイアンは間違いなく自分らしく生きた女性で少し羨ましく思いました。

  • 映像がとても芸術的で、全てが美しくて素晴らしい。これこそが映画という作品。

    そして、ダイアン演じるニコール・キッドマンの好演。少女のような純粋さで美しい。そして、清楚で礼儀正しく育ちながらも、セクシャリティな部分では、生まれ持っての奇形フェチ。

    素敵な夫や可愛い子供や裕福な家庭に恵まれながらも、自分の世界に違和感を感じながら生きてきたダイアンは、多毛症の毛に覆われたライオネルの風変わりな世界のほうが、自分にしっくりくることに気付いてしまう。

    不倫ではあるけれど「これが普通である」とか「こうあるべき」とかいう物事の成否を超えた部分での、他人には理解できないだろう、掻き立てられる興味。それが、「自分らしさ」であり「自分だけの生き方」なのだろう。

    最後に写真家ダイアンは、ヌーディストとなる。

    何度でも見返したい映画。

  • ニコール・キッドマン、いい女優だなぁ。
    「パニック・ルーム」然り、「ドッグヴィル」然り。(「アイズ・ワイド・シャット」なんていうアレな映画もあったけれど。)
    翠の眼。腰の細さ。夫も子もいるのに、少女のような風貌。無垢という言葉すら浮かぶほど。
    それが変態性を内側から暴かれていくのだから、堪らない。
    こういう役選びができるのが、名女優。

    邦題はくだくだしいが、タイトルは「ファー」つまり「毛皮」。
    「誘惑」とつけたのは、いまひとつ。
    「毛皮の誘惑」ではなく「毛の誘惑」でもいい。
    ヌーディストに近づくプロローグはさておき、登場時、夫を立てる優等生。
    ディアンと呼ばれるときは妻。ダイアンと呼ばれると少し創作的自我が疼く。
    疼く対象は、錆びたパイプとか、穴とか。(「イレイザーヘッド」みたい。)
    ここには性的不満足やイカモノ志向も見過ごせない。
    パイプの毛の詰まり。
    犬の毛が詰まっているんじゃない、と同じアパート上の階の新居者(「エレファントマン」に似た不気味なマスク)に電話。
    毛に埋もれた鍵……不思議の国のアリス的。
    アリス的にブルーにおめかしして会いに行ったのは、ライオネル。
    彼は多毛症、畸形小屋で見世物にされていたことも。(「スター・ウォーズ」のチューバッカ、狼男。)
    語り合う。
    ダイアンには露出壁があり、あなたを窓から見て尋ねたいと思ったわ。
    顔に痣のある少年の記憶。
    朝帰り。「また来い、撮影がまだだから」
    やがて家族ぐるみの付き合いになり、夫は複雑な感情に。
    畸形の集うパーティに。家にお招きも。
    死の前、頼まれて、身体中の毛を切っては剃る。
    裸になって当たり前のように性行為を。
    彼の死後、撮影行為は高まり、畸形、ヌーディストへ。

    他。
    ダイアン・アーバスといえば、「シャイニング」に影響を与えた双子の写真だ。
    決して伝記ではない、創作。
    「あなたの秘密を教えて」という夫婦のやりとり。
    奇特な被写体、ではなく、被写体に向き合う本人の意気、といったものがある。
    だからこそ若くして死なざるを得なかった。
    本気でポートレイトを撮り、向き合うことの過酷さ。

    その後ユーチューブで調べたら、なんと森田童子がダイアン・アーバスについて語る音声が!
    アーバスの自殺、窓から見える自由の女神、ミレーの晩鐘。
    全体のための大きな神ではなく、個人にとっての祈りの対象だったんだ、という話。

  • ニコールキッドマンが可愛い。

  • RDJと聞いて見てみました。
    暑かっている題材が同じせいか、ところどころフリークスを思い出す箇所が。
    すごくフェチくさくて、そういうのがハマると楽しめそう。
    毛で目と唇しか出てないのに表情豊かなだうにの目元の延期が素敵でしたー。

  • keep taking photos.

全42件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

毛皮のエロス~ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト~ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

毛皮のエロス~ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト~ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

毛皮のエロス~ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト~ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする