世界はときどき美しい [DVD]

  • 378人登録
  • 3.13評価
    • (24)
    • (35)
    • (93)
    • (25)
    • (16)
  • 65レビュー
監督 : 御法川修 
出演 : 松田龍平.市川実日子.浅見れいな.松田美由紀.柄本明.鈴木慶江 
  • ¥ 602 (参考価格 ¥ 4,104)
  • GPミュージアムソフト (2007年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571211592548

世界はときどき美しい [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 人生をつきつけられた感じで、さらっと見流せる映画じゃなかった。。

  • あまり頭に入ってこない。

    ただ柄本明の銭湯のくだりは割りと好きな話。

  • 8ミリフィルムの映像が気に入りました。
    美しかった。
    でも、ストーリーはあまり印象に残らず…
    私には難しかったです。

  • 俳優陣は豪華。
    短編は好きだけど、面白くなかったなぁ。

  • 最後はよかった。最初はいまいちしっくりこなかった...。

  • 御法川修監督 2006年作品

    『生きることほど 
    人生の疲れを癒してくれるものはない。』
    ではじまる・・・・。

    オムニバスでありながら、
    ドキュメンタリーみたいな 作品。
    それぞれの人が見た 世界。
    世界がどう映っているのか?
    風がふわりとすり抜けていく・・・

    植物が出てくるが・・・
    その咲いている花は ヘクソカズラ ですよ。

    松田美由紀は、絵画教室のヌードモデル・・・
    風景がしっとりと語られる・・
    『恥ずかしいでしょ。あんなところで素っ裸になって、
    自分は、素材だけで 何も作れない』と自信がもてなかった・・・
    『あなたが 絵をかかせたのよ』といわれた言葉に自信を持つ
    お母さんに叱られたら 泣く時は鏡を見て泣いた。
    人に見られたいと思ったの。
    といって・・・泣く のは、女優ですね。
    語りが 淡々としていて 意表をつかれた。

    蝿男(柄本明)
    新世界の中を サンドイッチマンをしながら・・・
    終わったら、飲んだくれる生活。
    『眼をとじて 気を失えば 明日になっている』
    という生活・・・。
    白黒の画像が 現実的な姿を見せる。
    飲み続け、眠り、そして、飲み続ける。
    何のために・・・という理由はない日常なのである。
    まあぁるいコウリに・・・ウイスキーが注がれる。
    蝿男は飲んだくれて・・立ちションベンをする

    彼女(片山瞳)の好きな孤独
    セックスをするが 通いあわない心。
    考えていることが違う・・・
    『森の中に1本の木がある。
    それがお前だ、探すこと』・・・・
    やっぱり、森の中で、迷っているようだ。
    迷っているのが 楽しいみたいな。
    幸福と降伏は似ているようだ。

    スナフキン
    松田龍平は・・
    彗星を見たときから 宇宙人がいると思えた。
    『だあれもいない宇宙』は、考えられない・・・
    宇宙のことを考えるが・・
    おなかにいる子供のことが 考えられない。
    生命の誕生が 生きることの始まりなのにである。

    生きるためのいくつかの理由
    生きることに 理由が要るのだろうか。
    花乃子(かのこ;市川実日子)は・・・
    お母さんに 『私より早く死なないでね。』
    いわれている・・・。
    花乃子は母のことを知らないことが多いことを思った。
    なぜ花乃子なのか?
    名前が・・・なんにでもついている。

    松田美由紀と蝿男が質量感があっていい。

  • たまにこういう明らかに芸術作品っていうものを見たい衝動に駆られて手にとって見るんだけど・・・。
    今まではこういう芸術作品を見ては、ちょっと分かった風に思っていて、もちろん感じる部分があったはずだし、でも「頑張って感じよう」とする気持ちが強かった気がして、たぶん「なんだこれ、わかんねぇ!」ってのがホントで、カッコつけで・・・。

    「カッコいいことって カッコ悪いよ」

    この作品は、正直よくわかんなかったっス。。。

  • 天にましますわれらの父よ
    天にとどまりたまえ
    われらは地上にのこります
    世界はときどきうつくしい
    ニューヨークの不思議
    ...それからパリの不思議
    三位一体も顔負けで
    ウルクのちっちゃな運河
    万里の長城
    モルレーの小川
    カンブレーの薄荷菓子
    それから太平洋
    チュイルリーの二つの泉
    いい人たちとわるいやつら
    この世のすべてのすばらしさは
    地上にあります
    あっさりと地上にあります

    jacques prévert


    ジャックプレヴェールの詩の一説がタイトルになっている
    だから彼の詩と映画の内容はなんとなくリンクする。
    この世のすべての素晴らしさは
    あっさりと地上にあるよってことを
    映像で表現していたような気がする。

  • 4章目の『スナフキン リバティ』と5章目の『生きるためのいくつかの理由』が良かった。

  • 思いがけず、好印象な作品です 

短編ポエシネマ 

松田美由紀が私と同級生の母親には見えない 

立場の違う人々の赤裸々な内面を静かに聡明に 
呟いた秀作 

作中に出てくる植物のイラストが美しい 
また音楽も珠玉の一品がチョイスされていて 
映像の世界観により一層、広がりと統一感を持たせています。 

恍惚としたピュアな思い。 
ハーバルエッセンスが配合されていそうな作品です(笑)

  • 映像も綺麗だしいいと思うんだけど、タイトルで全てを言っちゃってるのがなぁ 確かに綺麗な表現だし映像も綺麗なんだけど 私的にあまり好きなタイプではないのかなぁ…あと眠かった もっかいちゃんと観よう。

  • 映像が美しかった。市川実日子が改めてかわいい。かわいい!

  • 邦画にない感じのタッチで、
    独特で美しいが、監督の独りよがりか?
    オムニバスなので、観やすいが、浅い。
    みんなの評価ほどじゃないような

  • 「世界はときどき美しい」って言葉がいつからか頭の片隅にあって、何だろうと気になっていました。
    ある日、TSUTAYAでこのタイトルを見つけて、あ、と思って借りました。

    8ミリビデオでの映像が、いつかどこかで見たことのあるような懐かしいざらりとした雰囲気を出してます。

    お話としては、どれも詩的な世界。
    5つのお話があって、その中でも松田龍平さん、市川実日子さんがそれぞれ主演のお話がすき。

    どれも特別な事件は何も起きない淡々とした日常のお話で、好き嫌いは分かれそう。

    一番最後の、市川実日子さんが主演のお話で「親より先にだけは死ぬなと言われてきた」という主旨の台詞があっ て、あ、と思いました。
    私も同じように親に言われていて、それはちょっとした呪縛なのだけど、この言葉を思い出す度に、まだ、生きていかなきゃ、と思うのです。

    とにかくタイトルが秀逸な映画。
    きっと、世界がいつでも美しかったらそれが当たり前になって気付かないから、ときどき美しいくらいでちょうどいい。

  • う~~ん。いまいち。

    映像も、、8mmを使ってて、それが逆に、写してるものとか、雰囲気をおしゃれにしようみたいなのが伝わってきて、いかにもな感じで微妙だったな。。

    伝えたいことはなんとなくわかるけど、表現の仕方が苦手だった。自分にはしっくりこなかったし、リアリティを感じられなかった。

    2009.2.4

  •  ずっと気になっていて、iTunesでレンタル二百円だったので、レンタル。
     レビューで気になってレンタルしたのはいいのですが、ううん、なんか、冗長?
     オムニバス。うすっぺらい。独白。映像は、美しい。
     松田龍平さんは、格好良いなあ。
    「スナフキン、すきでしょ」
    みたいな、ワケワカンナイセリフが出てくるたび、興ざめ。独白をとりたいのか、映像をとりたいのか、独白にも艶がほしいものです。

    参考にしたサイト:http://blog.livedoor.jp/ussyassya/archives/cat_50024216.html?p=2

  • 5つのお話からできている1つの映画で70分という観やすいもの。松田龍平もお母さんの松田美由紀もでていて不思議だった。
    観やすかったのは「スナフキン・リバティ」と「生きるためのいくつかの理由」。
    生きるための~には市川実日子がでていてすごく良かった。

    ちょっとした幸せ(他人からしたらくだらない)を見つけられるときはたまにあるけれどそれは自分の心にすごく余裕があるときなんだよなあと思った。
    いつもそんな状態でいたらいわゆるステキな毎日なのだろうか。でもたぶん、たまに、時々、気付くから良いものなんじゃないだろうかと思った。わからんけど。

    この映画もまた何年かしたら観たい。

  • 空気とか匂いが感じられるざらついた映像。情景。

    「彼女の好きな孤独」がいちばん好き。くちづけあう二人は二匹の動物みたいだ。骨のイメージや森の情景も好き。

    ら、り、る、れ。れ、に傾く私の気分。


    細胞の一粒一粒/葉脈/円い氷/彼女の好きな孤独/二匹の動物/こうふく/膚/セックスのあとに飲む缶コーヒー/骨/スナフキンリバティ/宇宙/団地/生きるためのいくつかの理由/柘榴/月に寄せる歌/世界はときどき美しい

  • ありふれた人生の断片を叙情的な映像で切り取った五編の短編。人生はときどき美しい。

  • 映像がすごく好みだったし、作品の雰囲気にも合っていたと思う。
    内容は少し薄っぺらく感じた。映像や演出でなんとなく雰囲気は味わえたかな、というかんじ。
    でもこういうのも嫌いじゃない。

全65件中 1 - 25件を表示

世界はときどき美しい [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

世界はときどき美しい [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする