ダイヤモンドは永遠に (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]

  • 66人登録
  • 3.34評価
    • (3)
    • (10)
    • (12)
    • (2)
    • (2)
  • 14レビュー
監督 : ガイ・ハミルトン 
出演 : ショーン・コネリー  チャールズ・グレイ  ジル・セント・ジョン 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2011年12月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142569325

ダイヤモンドは永遠に (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジョージ・レーゼンビーが2代目ボンドとして
    前作『女王陛下の007』に抜擢されるも1作限りで降板。
    そしてまた1代目ボンドのショーン・コネリーが復活する本作品。

    今回の007シリーズ7作目の舞台はラスベガス。
    かなり老け込んだショーン・コネリー。何だかおじいさんっぽい。

    「私は愛なんて信じない、信じるのはダイヤだけよ」と歌う主題歌。
    そんな主題歌のような思想を持つ本作のボンドガール、
    ティファニー・ケースことジル・セント・ジョンは、初のアメリカ人ボンドガール。
    今までとはタイプの違うコメディタッチのボンドガールで、自分は好感が持てる。

    前作で愛する奥さんを殺されたので
    復讐のためにブロフェルドの居場所を探すシーンから映画は始まる。
    いきなり拷問シーンから始まるのもそのため。

    ダイヤモンドの密輸ににまつわるストーリーで、SF的にシナリオが展開する。
    黒幕はたくさんのダイヤを集めて
    一体何を企んでいるのかというのが、この物語のキーポイント。
    終盤になるにつれ、敵の陰謀が明らかになる。

  • 前半の茶番感が何とも…

  • スカイフォールの為の復習第3弾。しつこく世界制服を狙うブロフェルド、衛星に積まれたレーザー光線、まんまオースティンパワーズの元ネタなんだね。1971年作と思えばアクション度もSF度もこんなもんかも。時代も考慮して★五つ!J.S.ジョンが可愛い。
    P.S. エンドロールを見ていたらHONDAが協賛していた。どの車?

  • ちっとも、おもしろくない。実に地味である。
    テンポがゆるやかで、のんびりしている。
    エレベーター内での格闘や月面車とのカーチェイス、3輪バギー。
    このスピード感のなさは、どうしたものか。
    ムスタングとパトカーのチェイスも、パトカーがマヌケ。
    そもそも、ダイヤモンドの密輸を 調査するというのが、
    ボンド的でないような気がするが、
    ダイヤモンドで レーザーをつくり、
    衛星を撃ち落とすと言うのもこっけいな感じ。
    ボンドは ブロフェルドを 探していたが、
    ブロフェルドを泥まみれにして殺すが、影武者だった。
    ホワイトを突き止め、ブロフェルドであることがわかる。
    ストーリーは、発展するが、やはり 007のノリではない。

  • BS日テレ録画,吹替>1971年英。シリーズ第7作。回を増すごとに話が荒唐無稽で酷いwwwムチャムチャやんww
    相変わらず全っ然緊張感がなくて牧歌的。おもちゃみたいなミニバギーでの追いかけっこは学芸会レベル(^^;)…何だあれww
    ボンドの宿敵ブロフェルドの女装が酷い(爆)。お姉ちゃん(ボンドガール)が着てる水着まがいの衣装がサイケw
    話の展開が飛び飛びになっちゃってて(すっ飛ばしてんのか?っていう位)、理解不能なとこが多い。え?何で?って疑問点が多々。=編集が悪い(酷い)んだなww
    色々小道具発明する、おじちゃんQが可愛い。

  • ボンドが月面車で荒野を爆走するシーンになぜかウケてゲラゲラ笑ってしまった。あんまり人気はないみたいだけど割と好きかもしれない。気楽

  • 中途半端なコメディ感や、全体的にやる気がない感じもあって、たしかに出来は良くないと思うんだけど、その分、楽に見れる印象もあって嫌いじゃないかも。でも傑作だった前作のパワーが少しでも欲しいところではあるなぁ・・・!

  • コネリー・ボンド復帰の7作目。
    このあたりから迷走し始めてる気がする。
    大柄なコネリーが、ちっちゃな車(?)で爆走するのは笑える。

  • BambiとThumperという敵の女性が出てきて思わずビックリ。バンビととんすけじゃない。

  • 今回はダイヤモンド争奪戦でしたね。
    初期の作品(本作も初期にあたるのだろうか?)と比べるとやはり映像が綺麗になったなぁと思った。
    合成?というかCG?は露骨過ぎて笑ってしまうが、愛嬌という事で。
    やはりショーンコネリーの007が落ち着きます。

全14件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ダイヤモンドは永遠に (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ダイヤモンドは永遠に (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ダイヤモンドは永遠に (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ダイヤモンドは永遠に (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする