ガルシアの首 [DVD]

  • 91人登録
  • 3.73評価
    • (12)
    • (9)
    • (15)
    • (4)
    • (0)
  • 16レビュー
監督 : サム・ペキンパー 
出演 : ウォーレン・オーツ 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2007年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142570727

ガルシアの首 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 殺伐・荒涼とした空気が全編に満ちたハードボイルド編。噛めば噛むほど味が出るスルメ映画と見た。

  • 一攫千金を夢見たダメ男が悪い方へ悪い方へと転がっていき周りも巻き込んで破滅していく。バイオレンス映画ときいてイメージしていたものとはだいぶ違う。たしかに人は沢山死ぬけれどその残酷さより、「こんなこと」のためにこれほど人が死ぬという運命の残酷さの方が勝っている。切なく虚しいラスト。

  • 40年前の映画でこんなにスローモーションを多用している作品は無いでしょう。

  • 個人的には映画としてまずまずな感じなんだけど、渋くて迫力ある雰囲気は好き!主人公のキャラがガルシアの首に遭遇したことによって、破滅的なものに変わっていくのが良かったし、ストーリーがシンプルだからこそ、破滅的な部分がより一層伝わってくるのかも!

  • 悲哀に満ちた作品。

    非常にすっきりしない終わり方。

  • 「ガルシアはどこにでもある名前だからな」たしかに、楽天イーグルスにもガルシアが…。メキシコマフィアの道楽殺し、ただ巻き込まれた方はたまったもんじゃないってことで、金のためだけに終われなくなる…それを決定的にした小さい隠れ事務所でのシーン、銃撃のさなか「これが依頼人の住所だ」とメモを差し出されるのが一瞬すぎてなんたる妙な。いやはやしかし旅を続けていくうちに拳銃の扱いだけでなく、度胸もついておられる。とはいえ道中何人も殺し、愛人も失いもはや罪深さから逃れられず、覚悟の上での蜂の巣特攻なんでしょうか。

  • かっこいいなあ、もう。サム・ペキンパーは卑怯だなあ、もう。男の背中を押すのは、金じゃない、愛だぜ、怒りだぜ、最期は何が何だか、いやあ、素敵だ!

  • 『ガルシア、娘孕ませたってよ』


    感覚的にぱっと感じたのは、今まで観たペキンパー作品の中では
    この『ガルシアの首』が一番ペキンパーらしいペキンパー映画だなあ・・・
    ってことだったんですけど、どうやらペキンパー本人もそう言ってたみたいです。
    これに乗れるか乗れないか、ってことなんですよね、きっと。
    たぶん、ペキンパー好きの人はこれめちゃくちゃ好きなんじゃないかなあ・・・。
    僕はたぶん、「ふつうの人」なので(笑)★4つです。
    「ふつうの人」だとやっぱり『ゲッタウェイ』なんだと思うんだよなー。


    ペキンパー作品って、とりあえずバイオレンス=銃撃戦と
    バイオレンス=暴行=エロス、みたいな感じですけど
    その点だけじゃなくって、絵画的に美しいんですよね。
    絵画で言うとなんだろ、モネみたいな印象派の感じがすごくします。
    あんなに色は淡くなくて、埃っぽいんだけど。
    そう思わされるのは、水面をよく出してくるから。湖とか川とかの反射。

    「埃っぽい」に関連するけど、ペキンパーってメキシコめっちゃ好きなんですよね・・・。
    これ、調べたわけじゃなくて作品から感じたんですけど、実際そうらしくて
    晩年はメキシコに住んでたらしいです。

    作品から感じたってのは、メキシコが舞台の話が多いから。
    『ワイルドバンチ』も『ダンディー少佐』も・・・って、昔と今じゃ国境が違うんですけどね。
    『ゲッタウェイ』もマッコイがメキシコを目指す話ですよね。
    アメリカからgetawayする、アメリカから逃走・脱出してメキシコに行こうとする話。
    この『ガルシアの首』も、メキシコが舞台です。

    まあこれなんでかっていうと、西部劇にも色々あるんですが・・・
    アメリカの話だと勘違いされてる方も多いけども、
    西部劇って基本的にメキシコの話なんですよ。
    (山本哲士さんが以前ブログで書かれたすごく面白い読み物があったんですが、
    現在休止中で削除されちゃってます(泣))

    西部劇はハリウッド映画のストーリーの原典でもあるわけですが、
    そうではない部分・・・。
    僕も不勉強で形容しがたいんですが、メキシコ・テキサス・アメリカの話としての西部劇、
    という面ではもうペキンパーがダントツなんじゃないか。
    そして最近だと、『ノー・カントリー』と『マチェーテ』がその血脈を継いでるんじゃないか・・・
    と、なんとなく思ってます。


    この映画のおはなしについて
    『ガルシアの首』は、主人公の行動原理・動機の部分が
    最初はカネが目当てだったのに、途中でなんとなくズレてくんですよ・・・。
    その「ズレ」が大事なとこかなあと思いましたです。

  • マフィアのボスの娘が、子供を身ごもり捨てられる。激怒した
    ボスは男に賞金をかける。
    その男は事故で死んでいたのだが、その男の首をめぐる争いが始まる。

    汚くて、おそらく女性受けは全くしないだろう映画。
    だけど、ただのアクションものでもなく、ヒューマンというわけでもなく、
    でも何だかエネルギーみたいなものがある映画。

  • (1974年作品)

全16件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ガルシアの首 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ガルシアの首 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする