宇宙のラジヲ

  • 12人登録
  • 4.29評価
    • (4)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
アーティスト : ZABADAK 
  • GARGOYLE RECORDS (2007年9月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4524505276013

宇宙のラジヲの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 毎度おなじみザバダックです。発売から2ヶ月遅れぐらいで購入。
    アコースティックバンド版、と言った雰囲気。…ていうかね、曲目見てびっくりしたん。「遠い音楽」は吉良さんもソロになってから男声ボーカルで歌ってるし、「夢を見る方法」も元々吉良さんの作曲・ボーカルだから分かる。
    でもね、それに加えて「Psa-trailing」と「Tin Waltz」が入ってたんだもの!!
    本気で驚いた。確かに吉良さんの作曲だけど、私の中じゃ上野さんのボーカルあってこその曲、って思ってたから。
    で、実際に聞いてみて。「Psi-trailing」…本気で涙出てきた。
    吉良さんのメインボーカルなので、原曲とは男女逆のコーラスになってるのですけど、また違った印象で。元々好きな曲だけに、結構自分でも構えて聞いてたのに、泣いてた。
    スタジオでの生演奏そのまま収録してるのも良いのかな?音数の少なさが、また良いのですよ…っ。
    何度か聞いてるうちに慣れてきて、泣くことは無いけど、やっぱこの曲好きだなぁ。
    新曲「秋霖」もお気に入り。藤野さんの作曲。吉良さんの作曲じゃないインストなんて珍しいっ。表題の「宇宙のラジヲ」も良いですよ♪

  • だれもいない夜の部屋 古いラジヲから流れるおと/まるで子守唄のよう。布団に入って聴くと、とても心地よく眠れます。

  • ライブ会場の先行販売にて一足先に聴く事が出来ました。
    大半は既存の曲の再録音ですが、それらはオリジナルヴァージョンと比べて楽器の数が少ないため、音の厚みと言う点では決して勝るものではありません。が、年月を経て熟成された楽曲たちのまるで夜空にとけ込んでいく様な深みを味わえると言う点ではオリジナルに勝るとも劣らないアルバムになっています。
    また、一発録りを心がけて演奏されたのでかなりライブ感覚に近いアルバムとなっている事も特徴です。電気を消して夜空を見上げながら、(あるいは室内プラネタリウム等で雰囲気を作って)聴くと本当に心地よく、鈴の音やハープの音色が心に染み込んできます。夏の夜空より寧ろ秋や冬の夜空に似合うと感じましたので、これからの季節にも合うと思います。一曲一曲と言うより、通してのアルバムとしての完成度に☆5つを捧げます。
    今回は、珍しく吉良さん作曲以外の曲(藤野由佳さんの曲)がインストで入っていたり、歌詞カードに演奏者の写真が久
    しぶりに使われていたり、と珍しい作りになっています。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

宇宙のラジヲはこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする