サン・ジャックへの道 [DVD]

  • 392人登録
  • 3.98評価
    • (76)
    • (87)
    • (67)
    • (7)
    • (0)
  • 100レビュー
監督 : コリーヌ・セロー 
出演 : ミュリエル・ロバン  アルチュス・ド・パンゲルン  ジャン=ピエール・ダルッサン  パスカル・レジティミュス  マリー・ビュネル 
制作 : コリーヌ・セロー  シャルル・ガソ 
  • ハピネット (2007年9月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953025073

サン・ジャックへの道 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 仲の悪い3人の子供たち長男のピェール、長女のクララ、次男のクロード。
    そんな彼らのところに亡き母の遺言書が届きます。
    そこには遺産相続の条件として、キリスト教の聖地のサンディアゴ・デ・コンポステーラ(サン・ジャック)まで1500㎞にも及ぶ巡礼路を一緒に歩き回ることとなっていた。
    信仰心がないのにも関わらず遺産欲しさに巡礼路ツアーに参加する3人だったのです。
    母親の遺産相続の条件である巡礼路の旅に向かった3人兄弟が珍道中で繰り広げるハートウォーミングドラマです。
    重たい内容だと思っていたら意外とサラっとした映画でむしろ瑞々しさを感じた作品でした。
    笑える場面もあって3兄弟が可愛いらしいと思った映画です。

  • 奇跡の映画(個人的な理由で)


    歩きたくなるなる 


    きっと 風景とか 人間関係とか 


    ありのままでいいって


    おもうのにな


    まいにち


    日本で暮らすことって

  • 母親の遺言により、それまで仲の悪かった兄弟3人が、他の仲間と共にキリスト教聖地へと巡礼の旅に出るロードムービー

    自分が何を大切にして生きていくか。
    ただ歩くという行為がそれを教えてくれるような。

    途中で高校生の女子がバックパックの中身が重くて、クリームやらシャンプーやらを捨ててたのが、インド行った時を思い出させた。笑

    何も持たなくていいんやと思う。
    ほんとに必要なものって、実はそんなにない。
    自分の身と大切な人がいれば、それで十分やなと思った

  • フランス映画は苦手だが、これは好き!

  • 飲んだくれの弟、高校教師の姉、社長の兄、失読症のアラブ人の男の子、その友達、に好かれてる女の子、と友達、ガン治療で禿げた女、茶色いガイド。計9人の巡礼を描くロードムービー。
    夢のシーンと雄大な自然が印象深い。

  • なんだか展開がぼんやりした映画だった。

  • 「きょうだい揃って歩ききること」を
    遺産相続の条件として母親から遺言を託された
    最悪の仲の三兄弟が、他の巡礼参加者と共に
    スペインにあるキリスト教の巡礼道を
    何日も掛けてひたすら歩き続ける作品。

    複数の人間が同じ動作を同じタイミングで行う演出や、
    登場人物が道中に見る象徴的な夢、
    舞台となる巡礼道の美しい景色など、
    見所がいっぱいの映画だった。

    欲やしがらみにまみれた状態から、
    巡礼を続けていくうちに
    それらのものがそがれていく感じ。

    (三兄弟には直接関係ないが)
    最後の浜辺のシーンが印象的。
    他人の不幸に直面した場合も
    人の考え方は変化しうるのかも。

  • 「女はみんな生きている」が面白かったので鑑賞しました。
    ただひたすら歩いているだけですが、その中でみんな少しずつ変わっていく、とても面白かったです。
    ただ、一人だけ、ラストが可哀想すぎて、そんな必要があったのかと思ってしまいます。

  • Camino de Santiago を舞台にしたロードムービー。色々なきっかけで集まった人々がフランスから聖地サンティアゴまでを一緒に歩く。

    人は皆それぞれ抱えてるものとか、羨ましいものがあるし、周りに当たったり自分にイライラしたりする。でもそれって別に悪いことじゃなくて、すごく人間らしいなって思った。
    自分とは全く違う人生を生きてきた人とも、その内わかり合えたりするし、大事な存在になったりするし、
    どんな形であれ人は1人じゃないってことと、人が生きるのに必要な“物”は自分が思うほど多くないのかな、ってことを感じた。

    キリスト教の巡礼の話だけど、押し付けがましい感じはなく観やすい。これまで人種差別をしてきたキリスト教のおじさんが、アラブ系イスラム教の少年達のことを「兄弟だ!」って思わず言ったシーンは、ややシリアスな問題なのにほっこり笑える。

    所々出てくる夢のシーンは、フランス映画らしいシュールな感じ。でもなるほどな、って思う。
    ラムジィの心の綺麗さに何回も泣かされた。本当に、めちゃめちゃ可愛い。笑

    2014.8/15~9/25、行ってきます(^^)/

  • 歩くってスゴイです。(ゆ)
    ガイド付きなら歩くのも安心だね。でもツアーだね信仰じゃなく。(ぶ)

全100件中 1 - 10件を表示

サン・ジャックへの道 [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

サン・ジャックへの道 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする