ストリングス~愛と絆の旅路~〈ジャパン・バージョン〉 [DVD]

  • 77人登録
  • 2.88評価
    • (4)
    • (4)
    • (18)
    • (11)
    • (3)
  • 14レビュー
監督 : 庵野秀明 
出演 : 草なぎ剛  中谷美紀  劇団ひとり  優香  小林克也 
  • エイベックス・ピクチャーズ (2007年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988064265268

ストリングス~愛と絆の旅路~〈ジャパン・バージョン〉 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容は確か、どってことないんだけど
    草彅剛の声もいいし、なんでだか人形で演じているところが切なくて、そしておしゃれ。

  • 解説:

    マリオネットそのものが生きる世界というひねった舞台設定で、マリオネットたちが繰り広げる壮大な愛と復讐の物語を綴るデンマーク製の異色人形劇ムービー。

    日本公開に際し、庵野秀明監督、長塚圭史脚色によるジャパン・バージョンが製作された。

    争いの絶えないヘバロン王国。

    ある時、年老いた国王カーロはこれまでの所業を悔い自死すると同時に、心清き若き王子ハルに国の平和を託す旨の遺書を遺す。

    ところが王位を狙う弟ニゾは遺書を破り捨て、その死を敵対する一族ゼリスの長サーロの仕業と見せかける。

    そうとは知らないハル王子は、父の仇を討つため旅に出るのだが…。

  • こんなに演技させられるものなのか。

  •  どこかで全て繋がりあっているこの世界を、糸人形の世界で表現する発想は面白いが、物語はつまらない。
     せっかく斬新な手法を採り入れて、しかもかなり大変な撮影をしているのだろうに、それがあまり活かされていなかったような・・・。 糸で繋がってるからこその仕掛けや演出がもっとほしかった。 発想が冷めぬうちに慌てて創られたような印象でなんだかもったいない。 特に水中シーンとラストのCGは蛇足。

  • 糸の演出が効いてて面白い。
    操り人形たちのつくりだす独特の世界は
    静かで物哀しくて美しかった。

  • 映像として面白い。
    あやつり人形で作られているアニメーション。
    人形達も表情や動きが豊かで、
    世界感も綺麗で雰囲気があって飽きずに見れる!

  • そこは”マリオネット”=操り人形の生きる世界。

    「糸」が命や絆を表しているという設定が素晴らしく、天からのびるその糸がとてもとても心に残りました。

    自害で訪れる死。
    人生をまっとうして訪れる死。
    同じ死でも、糸の切れる表現が全く異なっています。

    生命が宿る瞬間の糸も見もの。

    ただ、物語自体にはあまりのめり込む事ができませんでした。
    マリオネットの世界にやっと入り込めたと思う頃には物語がもう終わりであっけなく感じ、「映像を見ていただけ」感が拭えません。
    物語は☆1。

    それでもこの技術の高さ、マリオネットの魅力、シーンの美しさ、物語の根低にあるもの・・・それらは大変印象的で☆5つ。

  • 愛と勇気の物語。
    魅力的な世界観でおもしろい取り組みだと思う。
    けど、なんだかなーと思わずに入れないのはお話のせいでしょうか。
    危惧してた人形の糸は意外と画面の妨げにならなかったです。

  •  

  •  主人公の吹き替えがちょっとあの…と一言も二言も言いたくなるのだけれども、それはとりあえず置いておくとして…。
     世界観が魅力的だった。なるほど。これは面白い設定だった。思わず、ファンタジーを書きたくなるぐらい。
     けれどもストーリーは、というと、世界観が素敵なだけにすっかり霞んでしまい、特にあの終わり方には納得がいかない。とりあえず終わらせました、という感じがして、好かなかった。
     

全14件中 1 - 10件を表示

ストリングス~愛と絆の旅路~〈ジャパン・バージョン〉 [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ストリングス~愛と絆の旅路~〈ジャパン・バージョン〉 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ストリングス~愛と絆の旅路~〈ジャパン・バージョン〉 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ストリングス~愛と絆の旅路~〈ジャパン・バージョン〉 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする