監督・ばんざい! <同時収録> 素晴らしき休日 [DVD]

  • 221人登録
  • 2.46評価
    • (3)
    • (6)
    • (54)
    • (36)
    • (20)
  • 37レビュー
監督 : 北野武 
出演 : ビートたけし  江守徹  岸本加世子  鈴木杏  内田有紀 
  • バンダイビジュアル (2007年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4934569630773

監督・ばんざい! <同時収録> 素晴らしき休日 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 映画を作るってのはこりゃダメだな、という思考の連続のようで、単館でやってそうな欧州映画の風情もあり。もっと昔の作品で完全なギャグ作品があったのでそれ的なものかと思っていたんですが、ツッコミはよほど控えたようで、どんな理由かわかりませんが、もっと豪快にいってもよさそうなものがなぜこんな平坦なつくりにしたのかしら。作品をつくる苦しみ、もどかしさといいますか、その混沌としたイメージは伝わるだけに。

  • いい映画を作りたくていろいろ作るって映画。
    ネタ切れか!

  • たけし漫談“こんな映画はいやだ”で延々押し通すお笑い映画。
    ドール、たんぽぽ、マトリックス、小津などあらゆる映画をパロってごった煮にした感じ。
    最後は巨大隕石でみんなふっ飛ばしちゃった。
    映画の中なら監督はなんでも出来るのだ。
    “監督ばんざい”

    ラストシーンの、感動的な音楽と堂々たるタイトルロゴにちょっとグッと来ます。
    映画ならではの、音と映像の魔術ですね。

    当初のタイトルは「Opus 19/31」。「8 1/2」観なくては・・・。
    (120105鑑賞)

  • 監督って バカなんだよね。
    いや。北野武って バカなんだよね。なのかな?
    というのを オムニバス でつなぐ。

    暴力映画が得意な監督が
    暴力映画を撮らないといってしまったので・・・・

    どうするんだろう・・・とまず悩む。
    実際 北野武は 悩んでいるのだろう。
    まず 自分の心境を暴露することで 笑いを取ろうとするが
    わらえない。現実だからだ。

    小津安二郎風の 人情劇を作るが・・・
    のんびりした 家庭ドラマに いまどき 客は入らない。
    あたかも 小津安二郎が悪いように描く。
    パロディになりえていない・・・。
    昭和30年代・・・・自分の生まれ育った時代・・・
    力道山などが・・・足立区の出身なんだよね。
    ノスタルジーをわかせることが できない。

    ラブストーリー・・・内田有紀が よかった。
    今回の映画の収穫は 北野武映画で 一番のビジンだった。

    盲目の画家の物語・・・・どんな絵なのかわからない。

    それで 仕方がなく 困った時の 岸本加世子 だのみの
    映画をつくるが・・・・
    シュールで寒い 映画を せっせとつくる。
    江守徹が 奮戦する。
    北野武も ウエスト周りが おおきい。

    あぁあ。あかんわい。
    という感想が聞きたくて つくっているのだ。北野武は。
    これでも見てくれるのが 北野武ファンだ・・・・
    江戸時代の 踏み絵 のような作品。

    見ているほうが 疲れちゃうよ。
    そのうえ ブログにまで書いちゃうのだから・・・・
    ご苦労さんというしかない。

    映画って ここまでダメなものが作れるんだせ。
    と北野武はいっているようだ。

  • 夢見たいだった。からかわれた気分!(良い意味)

  • 今更ですが、テレビでいろいろ特集をしていたので見ました。北野監督らしいというか、とても実験的な感じで理解しがたい部分も多々ありましたが、ユニークな試みで面白かったです。このタイトルの映画賞もできたとかで、なんにせよ、影響力のある人の作品!と言った印象でした。鈴木杏ちゃんが良かった~。

  • BSで部屋掃除しながら見ました。
     
    期待してなかったけど、そこそこ楽しく笑えた。
     
    CGは、ギャグがちりばめられた作品の中で使われると
    おもしろくなさそうだった。

    『みんな~やってるか!』 のほうが、原始的で、
    アマチュアのような熱とかスリルがあって面白いし好感が持てた。

  • 後半は確かに無意味で無駄な長さに感じるが、中盤までは楽しめた。
    下らない小ネタが多くバラエティーに富んでいたように思う。B級映画として個人的にはありだなあ。下ネタは引っ張らないでほしかったけど。
    とりわけ昭和の再現がえげつなくてリアルで興味を引かれた。北野版三丁目〜が見てみたいと思った。

  • 正月のTV録画していたのを見る。
    北野映画の中でも評判がよくないのは聞いていた。
    でも意外と楽しめました。
    特に前半はビートたけしのお笑い番組みたいで普通に笑えた。
    ただ後半のSFのくだりがナンセンスすぎてついていけない。
    前半のテイストで行けば評価よかったと思う。

    たけしは頭がいいし、求めている笑いと映画のギャップが変に見えるのか。
    それとも、あのセンスについていけないこっちが悪いのか。

    映画監督ってバランス難しいのかなぁ。

  • ナレーションには笑うんだけど、まあ、荒業

全37件中 1 - 10件を表示

監督・ばんざい! <同時収録> 素晴らしき休日 [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

監督・ばんざい! <同時収録> 素晴らしき休日 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

監督・ばんざい! <同時収録> 素晴らしき休日 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする