空洞です

  • 295人登録
  • 3.92評価
    • (63)
    • (33)
    • (77)
    • (0)
    • (0)
  • 43レビュー
アーティスト : ゆらゆら帝国 
制作 : ゆらゆら帝国 
  • ソニーミュージックエンタテインメント (2007年10月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4547403007312

空洞ですの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ゆらゆら帝国には書きたいことはいっぱいあるのです。解散前後の世間の状況とか。久し振りにこのアルバムを引っ張り出して、同時にツェッペリンのカシミールと並べて聴くと「わかったような気」になりました。これは名盤には間違いない。

  • 良い意味で力の抜けた最高の浮遊感

  • いつ聞いても心地よい。

  • 社畜に染み入る一枚

  • パーカッションとベース、ギター、心地よい。。。ゆるいのにくせになる。でもロック。
    「ゆらゆら帝国」知った時には解散してた。
    このアルバムが最高傑作として
    「完成とはまた、終わりをも意味していたようです。」と言って解散したらしい。
    聞きこんでみたい。

  • 「おはようまだやろう」騒音のような目覚まし時計の音で無理やり起きると、誰に言うわけでもなくそんな事を呟いていた。毎朝早く起きるのは苦痛以外の何者でもないが、それも会社の出勤時間に間に合わせるためなのだから「あえて抵抗しない」。何とかスーツに着替えて外に出たところで意識がはっきりと冴えている訳もなく、あやうく犬を繫いだまま自転車で歩道を走っている通行人とぶつかりそうになる。非常識な出来事に驚いて目が覚めると同時に、無理をしながらも従順に飼い主に従う「やさしい動物」に思わず自分を重ね合わせてしまう。とりあえず「まだ生きている」ことだけは忘れないように、と言い聞かせながらも電車に乗ってぼんやりしていると「なんとなく夢を」見てるような気分になって、思わずまどろんでしまう。「美しい」ものに興味が無い訳ではないが、とりたて現状に不平や不満が有る訳でもない。
    「学校へ行ってきます」。元気良くそんな言葉を発しながら家を出て、「ひとりぼっちの人工衛星」について思いを巡らせていた自分はもう過去のものなのだと振り返りながら、とりあえず日常を惰性で生きる。
    生温い感覚。底が抜けちゃった感覚。


    「空洞です」

  • 完成された

  • 初めてCD聴いて酔いました。お酒やクスリをつかわずとも飛べる、そんな一枚かと。
    そこにあるのに本当は何もない、無と有の狭間をさ迷うような、まるで役目を終えた人工衛星の行方のような。

    できない が好きです。繰り返し何回でも聴けます。

  • 納得

  • ゆら帝最後のアルバム。
    そして、最最高のアルバム。
    細かいレビューは他の人に任せた。

    とりあえず、身体にまとわりつく音が気持ち良すぎていつまでも踊れる‼
    ずっとライブを見ていたかったのに残念です。

    ちなみに、「美しい」はシングル版もかっこいい♪

全43件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

空洞ですを本棚に登録しているひと

空洞ですを本棚に「聴きたい」で登録しているひと

空洞ですを本棚に「いま聴いてる」で登録しているひと

空洞ですを本棚に「いつか聴く」で登録しているひと

空洞ですのMP3 ダウンロード

空洞ですのCD

ツイートする