プリンス~英国王室 もうひとつの秘密~ [DVD]

  • 27人登録
  • 3.62評価
    • (0)
    • (8)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
監督 : スティーヴン・ポリアコフ 
出演 : ミランダ・リチャードソン  ジーナ・マッキー  マシュー・トーマス  マイケル・ガンボン  ビル・ナイ 
制作 : スティーヴン・ポリアコフ 
  • エイベックス・ピクチャーズ (2007年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988064264834

プリンス~英国王室 もうひとつの秘密~ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自閉症とてんかんを患い、幼くして亡くなったジョン王子の話。悲しい物語だが映像は美しく、出演者の演技も皆素晴らしかった。

  • 第一次大戦前夜、イギリス王室が舞台。幼い王子に脳障害(癲癇っぽい症状?)があることが分かって、乳母とともに田舎に隔離されていく話。乳母の献身的な愛情もそうだけれども、年の近い兄王子の、懸命に弟を守ろうという姿には胸を打たれるものがある。

  • 英国王室の物語。音楽と、映像が美しい。衣装や細やかな調度品にまで、登場人物の気品が宿っているような感じがします。セーラー少年かわいい(*´○`*)
    大きな起承転結はなく、映画として長く感じる部分もありますが、ララの愛情と、演奏会のシーンにじわっときました。
    あと個人的に、脇に控えていたビル・ナイの紳士ズムに目が釘付けに!。「ラブアクチュアリー」のファンキー歌手役も好きだけど、おさえた演技と身のこなしのエレガントさに惚れる。

  • BBCのドラマ。映画かと思って観始めたので、あまりの長さにちょっと辟易。でも映像としては美しかった。内容はちょっと冗漫なところもあり。

    さてさて、それにしても最初の少年が非常に可愛い♪『ぼくの神さま』の男の子とちょっと似ている。セーラー姿なのもまたイイ。なのに、10歳位の役の子が、ポチャポチャ系なのよねぇ。残念。あの愛くるしさはどこへ・・・。
    当時の英国王室において、自閉症・癲癇発作を持つ王子は隠されざるを得なかったことは分かるけど、それにしても両親は愛情を持たないもんなんかねぇ。
    また、ロマノフ王朝最後のニコライ?世とジョージ?世が従兄弟同士だったとは。ロシア革命の時、助けてあげられなかったものなのかしら。
    この映画も、調度品と衣装が煌びやかで、目の保養になります。
    そういえば、最初にあったゲーム。エドワード?世のズボンの膝にバターを乗せ、どれが一番早くに落ちるか、というのを孫達に当てさせるというもの。千年の歴史があるとか言っていたけど、何なのだろう、アレは。バターという貴重品すらも遊びで使っちゃうのよんという富の誇示の為とか?

全4件中 1 - 4件を表示

プリンス~英国王室 もうひとつの秘密~ [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする