パリ、ジュテーム プレミアム・エディション [DVD]

  • 835人登録
  • 3.49評価
    • (71)
    • (134)
    • (205)
    • (34)
    • (10)
  • 163レビュー
監督 : トム・ティクヴァ  ガス・ヴァン・サント  ジョエル&イーサン・コーエン  アルフォンソ・キュアロン  ウォルターサレス 
出演 : ナタリー・ポートマン  イライジャ・ウッド  ジュリエット・ビノシュ  スティーヴ・ブシェミ  ウィレム・デフォー 
  • ジェネオン エンタテインメント (2007年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102400736

パリ、ジュテーム プレミアム・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オシャレで恋が花咲く街パリを舞台にした1作品約5分のオムニバスムービー。観光ガイドでは見ることのできないパリの魅力が満載で、世界の映画監督18人が小さな愛のストーリーを紡ぎます。限られた時間と予算の中での撮影だったみたいで、それだけに監督の力量もハッキリと目に見えるのが面白いです。なんせ18編もの恋の物語があるのでとりあえず自分が気に入ったのを紹介します。まずは一番笑えた『ノー・カントリー』のコーエン兄弟監督で『レザボア・ドッグス』のスティーヴ・ブシュミ主演の話。イチャイチャするちょっとやばいカップルに視線を合わせたばかりに起こる恐怖の体験を描いています(笑)。あとは『死ぬまでにしたい10のこと』のイザベル・コイシェ監督の話。若い愛人を作り妻と別れるつもりだった初老の夫がある日妻が白血病だと知らされる…。なんと村上春樹の小説『スプートニクの恋人』も出てきます(笑)。あとは『ラン・ローラ・ラン』『パフューム』のトム・ティクヴァ監督の話。『レオン』のナタリー・ポートマン扮する女優志願の恋人から電話で突然別れを告げられる盲目の学生。超ハイスピードで振り返っていく2人の恋の軌跡には胸締め付けられます…。あと、もっともインパクトがあって個人的にイチオシなのは、決して結ばれることのないアフリカ移民の悲しい運命を描いた、オリヴァー・シュミッツ監督の話。最後まで飲まれなかった2つのコーヒーが切ない…。そしてラストを締めるに相応しいアレクサンダー・ペイン監督の話。母親を亡くし2匹の犬と暮らす孤独なアメリカ人のおばさんが、お金を貯め勇気を出して夢だったパリへの1人旅に出ます。街中を散策する中で自分は死んでいると語った彼女は、やがて生きる意味や喜びを知っていきます。この作品はホントに素晴らしい出来で深く余韻を残してくれます。などなど…巷にあふれるオムニバス映画の中ではかなりレベルが高く味わい深い作品ばかりです。人生は相手を変えながら踊り続けるダンスです。身近にある愛に気づいて少しだけ近くの人に優しくなれる、そんな作品です。

  • ショートストーリー集。
    パリの色んなところを舞台に。
    ストーリーはつばがっているわけでもなく、人間関係もつながっているわけでもなく、「パリ」を中心に、生活している人たちの人生の一こまを垣間見ていく感じ。
    何がいいってわけじゃないの。
    でもとっても良かった。
    幸福感につつまれる。
    主題歌のLa Meme historieも良い。

  • N.Y短編小説のような切れの良さ。
    日常の断面を簡潔に映像として切り取った作品群。
    たまにはこんな映画もいいと、思わせてくれる。
    後に引かない日常の一コマをさらりと切り取った何気ない作品がある一方、映像的主張が強すぎて鼻につく作品もあるが、作家それぞれが勝手に作ったそれらの作品は、みなそれぞれに自由勝手で、なんともフランスらしく面白い。
    そしてその作品の多様性から、観客個々の趣向に合った作品が、その他の作品によって高められている。

    この映画から、無駄な計算を排除して「映像は楽しんで作り、楽しんで見る」という原点に戻る大切さを改めて思いださせてもらいました。

    押し付けがましい感動作品にそろそろ辟易している人にはお勧め。

  •  良くも悪くもフランス料理を食べた気分になれます。
     パリを舞台に様々な映画監督が恋愛映画を撮ったオムニバス・ムービー。
     コーエン兄弟が監督している作品があると知り、視聴したが退屈な映画が多かった。オムニバスという形式上、ボリュームがないが、中には心安らぐものがあったり、良い雰囲気の作品があったりする。コーエン兄弟の作品はそのどちらでもなかった。コーエン兄弟の映画に慣れて来たのか、他の映画と見比べてコーエン兄弟制作だと判断することができた。俳優が多用されている俳優だし、他の作品と明らかに毛色が違い過ぎる。これまで見てきたコーエン兄弟制作の映画には良い映画と悪い映画があるが、このオムニバスに収録されているのは悪い映画の方だった。

  • 短編集になってるの知らずに観た。
    だからいつこの物語が繋がるんだろうと
    思いながら見てしまった。
    けど1つ1つは本当に短い。
    何かしながら見るにはいいかも。

    パリで起こるいろんな愛の形。
    おもしろいと思うものもあれば
    最後まで意味がわからないものもあった。

    環境ビデオにはうってつけかもね。

  • ☆7

    2010.5 鑑賞

  • 世界中の18人の映画監督による、「愛」をテーマにした18個の短篇集。
    パリ20区のうち18の区が舞台になっていて、1区につき5分の短編になっています。
    それぞれの地区でそれぞれの監督がそれぞれの「愛」を撮った映画。
    プロデューサーはあの『アメリ』を手掛けた人。
    監督も俳優もすごい人たちばかり。
    どの作品も素晴らしかったです。
    恋人の愛、家族の愛、同性愛、親子愛、離婚、ひとめぼれ、etc...
    好きな作品がたっくさんありました。むしろ全部好き!
    悲しかったり寂しかったりハッピーだったり
    どの監督さんも本当にキレイな愛の物語を描くなぁ・・。
    素敵な映画でした。おすすめだよ~!!
    きっとパリ行きたくなる!!
    Paris, je t'aime

  • 請求記号:12D127(館内視聴のみ)

  • 世界中の18人の監督による「愛」をテーマにした短編オムニバス映画である。パリ20区のうち18の区を舞台に、1区につき約5分間の短編映画にしている。

    え面白そう!もう一回見よう

  • 一篇一篇が短過ぎて何となく欲求不満。が、日本人贔屓ではないけれども諏訪某という監督のは印象に残った。

全163件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

パリ、ジュテーム プレミアム・エディション [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

パリ、ジュテーム プレミアム・エディション [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

パリ、ジュテーム プレミアム・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

パリ、ジュテーム プレミアム・エディション [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする