キトキト! [DVD]

  • 94人登録
  • 3.33評価
    • (6)
    • (16)
    • (32)
    • (6)
    • (1)
  • 32レビュー
監督 : 吉田康弘 
出演 : 石田卓也.平山あや.大竹しのぶ 
  • Happinet(SB)(D) (2007年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953025158

キトキト! [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 富山県は高岡を舞台にした物語。大竹しのぶが肝っ玉母ちゃんを演じる。田舎のごくあり触れたボンクラが何の目的もなく上京するが、すんなりホストになってしまうくだりは腑に落ちない。平山あやも悪くはないが感情表現が今一つ。伊藤歩はやっぱり美人だ。光石研は田舎の父ちゃん役がよく似合う。出演者の富山弁はまあまあよくできていたのではないか。ストーリーに起伏がなく、そこがまたリアルとも言えるが、物足りなさは残る。最後のパソコンのシーンにはホロッときた。就職先や旅行先に「金沢」が出てくるところがほんとにリアルで笑った。

  • 安易に水商売はじめるところは親子だなー

    肝ったまかぁちゃんな大竹しのぶさんが見れたのは楽しかったかな

  • 勢いのある母親。
    そう、不死身だと思っちゃうよね〜。
    躊躇せず思った通りに行動して、子供にもいいように影響を及ぼしていると思う。

  • 富山は母のふるさと。
    聞き覚えのある方言が心地良かった。
    あんなお母ちゃんになりたい…。
    子供に逃げられちゃうかな…?

  • 20140112

  • あまりに身近にいると有り難みがわからなくなるのよね。

  • 「キトキト」=富山の方言で「活きが良い」
     ※他の方のレビューより引用

    大竹しのぶは、何歳になっても「キトキト」なのである。
    彼女の前では、石田卓也のイケメンぶりも平山あやのかわいさも凌駕する「強さ」がある。

    いろんな仕事を転々として幼い兄妹を育てあげ・・・でも絶対に「私が育てたんだからいうことを聞け」
    ともいわない、無謀だと思われる上京についても反対はしない。
    かといって自分が女性であることも忘れない。 ほんとうに「キトキト」だ。

    ただなあ、、主人公(石田卓也)の名前が「ゆうすけ」なんだなぁ。おれと同じ。
    主人公が意外とイジイジしてて「ゆうすけ!」って呼ばれるシーンがあり、
    ビクっとならざるを得ない。


    そして、この映画をレンタルした裏目的は、やっぱり伊藤歩姉さんが出演しているから。
    今回はホスト通う風俗嬢の女性、という設定。(姉さんならおれも通う)
    ホストに通いながらも八百屋にいたり、カフェにいたり、
    裏ではいろいろ悩んでそうな感じが、惹きこまれる。
    実際に風俗の仕事してるシーンもなければ、そんな感じもあまりなかった。

    中盤からとにかく、伊藤歩姉さんとの関係はどーるのか、気になって仕方がなかったが、
    ああいう形で終わってくれたのが、一番救いだった。


    そうそう、そういえば 大竹しのぶ×伊藤歩 といえば新藤監督の「ふくろう」は快作じゃったね。

  • 大竹しのぶの演技に圧倒された
    まさに肝っ玉母ちゃん

  • いわゆる王道の家族映画だけど、大竹しのぶのお母さんで、二番煎じは感じない。

    個人的には理想のお母さん像だなー。

    姉と仲直りする所が好きだ。

  • じわっと来ました。こういうのホンマ弱い(⌒-⌒; )出演者の人達の高岡弁、ちょっと変やけど味があります。

全32件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

キトキト! [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

キトキト! [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

キトキト! [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする